2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Bishop Games開発、PC/Mac/ニンテンドースイッチ向けに4月27日よりリリースされた2Dアクション『Light Fall』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】
  • 2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】
  • 2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】
  • 2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】
  • 2Dアクション『Light Fall』「自由に足場を呼び出す、究極的な自由度」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Bishop Games開発、PC/Mac/ニンテンドースイッチ向けに4月27日よりリリースされた2Dアクション『Light Fall』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、忘れ去られた世界“ナンブラ“を救うことを目的とした2Dアクション。シャドウコアを操り、行く手を阻む苦難を乗り越えるスピーディーな展開と、決して明るくないもののどこか暖かさを感じさせる独特の雰囲気が特徴です。

『Light Fall』は1,480円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Ben:『Light Fall』の開発者の一人であるBenです。よろしくお願いいたします。本作では主にレベルデザイン、ストーリー、いくつかのゲームシステムデザインを担当しました。

――本作はいつどのようにして開発が始まったのでしょうか?

Ben:Bishop Gamesが『Light Fall』の開発を開始したのが2014年の年末ですので、(開発期間は)結構長いですね。当初、開発チームは3人でしたが、今では5人になります。小さな開発チームでは、長い開発機関において各々の役割も自然と大きくなります。本作は当スタジオにとってのデビュー作となりますし、本作の開発に至ったアイデアこそが、当スタジオを設立することに至った理由となります。

――本作の特徴を教えてください。

Ben:『Light Fall』はその究極的な自由度から、2Dアクションというジャンルに新しくユニークな風を吹き込みます。具体的に言うと、本作の中でプレイヤーはステージ上を進むために足場を呼び出すことができます。プレイヤー自身が自ら攻略ルートをステージ内に作り出すのです。このシステムから、本作のテンポはとても早く、カオスです。そのため、おまけとしてオンラインランキングや他のプレイヤーのゴーストなど、タイムアタックに特化したシステムを搭載しています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Ben:開発チームは『Super Meat Boy』の大ファンですので、本作でも同じゲームスピードと難易度を体感できるでしょう。他にはインターネット上にある様々なアートから影響を受けています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Ben:日本の方に言えることは、またBitSummitに今年も参加すると言うことです(注:BitSummitは5月12日から13日まで京都で開催中)!あの美しい街、京都にまた行けると言うことにとてもワクワクしています。日本に行くのはこれで2回目になりますが、前回訪れた際にその文化と日本という国が大好きになってしまいました。これを見ている誰かと、京都でお会いできたら素晴らしいですね!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top