スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開

海外メディアGameSpotが『The Elder Scrolls V: Skyrim』の画質設定を最大限に下げた超低画質環境(ポテトモード)でのプレイ映像を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開
  • スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開
  • スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開
  • スカイリムはポテトのものだ!ー『TES V: Skyrim』超低画質の世界を海外メディアが映像公開

海外メディアGameSpotが『The Elder Scrolls V: Skyrim』の画質設定を最大限に下げた超低画質環境(ポテトモード)でのプレイ映像を公開しました。

以前にも『ファークライ5』でご紹介したポテトモードは、独自に画質設定をし、超低画質の環境でプレイする、という企画。今回スポットが当たったのは『TES V: Skyrim』でした。


美しくも厳しい北国のスカイリムですが、ポテトモードにかかればありとあらゆる場所がつるつるになってしまいます。石のディティールや木々なども表面が輝くたまご肌。スケルトンすら魔の手を免れ得ず、まるでレトロゲームの死体のように……。


その他にもレイロフがゾンビのような顔になってしまい、「ドラゴンより怖いよ!」と言われたり、思わず触れてしまいたくなる毛皮が特徴のカジートが冴えないまだら模様の何かになっていたり……挙句の果てに、本はインクが滲んで読めないようになってしまっています。


そんな見どころ満載のポテトモード、『STAR WARS バトルフロントII』であの名シーンを超低画質で再現していたり、『Fallout 4』で全く別の顔を見せるウェイストランドを冒険したりもしています。この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

    Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

  2. 『魂斗羅』風2Dアクション『Blazing Chrome』配信日決定! 最新トレイラーも披露

    『魂斗羅』風2Dアクション『Blazing Chrome』配信日決定! 最新トレイラーも披露

  3. 忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

    忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

  4. 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

  5. Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

  6. ファミコン版『忍者龍剣伝』作曲者の初ライブが開催!ミニインタビューもお届け【BitSummit 7 Spirits】

  7. 新鮮なマイアミだ!『FO4』大型Mod「Fallout: Miami」早期版が公開―開発段階のエリアを探索可能

  8. 1分間で死ぬアドベンチャーゲーム『Minit』のコモドール64版が開発中!

  9. Raspberry Piと3Dプリンタで自作するゲームボーイ風ハード、その名も「PiGRRL」

  10. 人気バトロワ『フォートナイト』のフィギュアがタカラトミーより9月発売!

アクセスランキングをもっと見る

page top