本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」

アメリカ共和党の議員のBrian Schoeneman氏は、MMORPG『EVE Online』ゲーム内の星間管理評議会メンバーに立候補するための広報動画を公開し、海外メディアのインタビューに応じながら同作への熱意を語りました。

ゲーム文化 カルチャー
本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」
  • 本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」
  • 本物の政治家が『EVE Online』星間管理評議会に立候補―「国家をゲームの世界に置き換えれば同じこと」

アメリカ共和党の議員のBrian Schoeneman氏は、MMORPG『EVE Online』ゲーム内の星間管理評議会メンバーに立候補するための広報動画を公開し、海外メディアのインタビューに応じながら同作への熱意を語りました。

Schoeneman氏はアメリカで活動する本物の弁護士および政治家であり、バージニア州海事法に取り組むロビイストとしても知られていますが、『EVE Online』のベテランプレイヤーでもあります。Schoeneman氏によれば、星間管理評議会のミッションは彼にとって現在の職務と同じなのだとか。「政府をCCP Games、Union Membersをプレイヤーベース、国家をゲームの世界と置き換えてしまえば、すでにCSM(Council of Stellar Management)と基本的には同じだ」「文字通り私の仕事なのです」と、Kotakuのインタビューに応じながら、強気な姿勢を示しています。

『EVE Online』での振る舞いが現実の職務に影響を与える可能性について問われたSchoeneman氏は、「20年前ならおかしな話だっただろうが、Twitch配信者やYouTubeのスター達が何百万ドルも稼いでメインストリームになっていることを考えれば、“人生をドブに捨ててまでゲームなんかやってるの?”なんて誰が言えるだろうか」とコメント。2006年から『EVE Online』を遊んでいるという彼の熱意は、ゲーマーの胸を騒がせるものと言えるでしょう。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

    Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  2. Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

    Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

  3. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

    Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  4. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  5. 『クラロワ』『ブロスタ』モバイル向け大会「Red Bull M.E.O.」シーズン2が始動―12月12日18時より申し込み開始

  6. 輸送シム『Transport Fever 2』がSteamで配信開始!3つの大陸で陸路、海路、空路をマネージメント

  7. Netflixドラマ「ウィッチャー」“ゲラルト”“シリラ”“イェネファー”紹介トレイラー公開!

  8. SIE公式番組「State of Play」第4回発表内容ひとまとめ―『バイオハザード RE:3』発表など

  9. Epic Games、ダンサーに苦情申し立て―同氏からの『フォートナイト』エモート使用中止要請に対し

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top