テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定

中国の大手企業で、ゲームパブリッシャーとしても知られるテンセントは、『Path of Exile』などで知られるGrinding Gear Gamesの株式を取得しました。

ゲーム文化 カルチャー
テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定
  • テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定
  • テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定

中国の大手企業で、ゲームパブリッシャーとしても知られるテンセントは、『Path of Exile』などで知られるGrinding Gear Gamesの株式を取得しました。

テンセントはもともと中国版『Path of Exile』のパブリッシャーでしたが、ゲームにさらに投資したいと考え、Grinding Gear Gamesの株式を取得。海外メディアWccftechによると、テンセントが取得したのは、Grinding Gear Gamesの株式の80%にもおよぶとのことです。

この件について、Grinding Gear Gamesの創設者は「テンセントは『リーグ・オブ・レジェンド』や『クラッシュ・オブ・クラン』のような巨大フランチャイズを所有しており、投資している開発者やスタジオの意思決定を尊重することで高い評価を得ている。過去5年間、他にも様々なアプローチを(ほかの企業から)受けたが、彼らは、『Path of Exile』を理解していなかったし、ユーザーを彼らのサービスに登録させるような別の目的を持っていると感じたんだ。テンセントの目的は明確で、『Path of Exile』を可能な限り良いものにするため、リソースを私たちに与えてくれる」とコメントしています。

また、株式の80%をテンセントが所有することにはなるものの、Grinding Gear Games自体は、依然としてニュージーランドの独立系企業のままであるとのこと。Pay to Win化も強く否定し、同社のインターナショナルサーバーにおいてマネタイゼーションを変更することはない、と明言しました。



なお、今回の取引により『Path of Exile』の展開における計画への変更は生じません。『Path of Exile』はXbox One/PCを対象に基本無料で配信中。2020年初めごろには、現在開発中の4.0.0ベータテストがスタート予定です。
《堕天使さん》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  4. 『Days Gone』と「DIESEL」がコラボ!ワイルドなデニムジャケットやTシャツなど

  5. 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『ロックマンX』主人公「エックス」が25年の時を経て初プラモデル化―ファンも納得の豪華仕様

  8. キモかっこいい「名探偵ピカチュウ」ファンメイド映像―海外ドラマ「True Detective」パロディ…

  9. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  10. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top