『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため

『Chivalry: Medieval Warfare』の開発で知られる、Torn Banner Studiosは、同スタジオのPC向けファンタジー剣戟アクション『Mirage: Arcane Warfare』のSteam(およびサードパーティマーケットプレイスでの)販売を5月中に終了すると発表しています。

ニュース ゲーム業界
『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため
  • 『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため
  • 『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため
  • 『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため

『Chivalry: Medieval Warfare』の開発で知られる、Torn Banner Studiosは、同スタジオのPC向けファンタジー剣戟アクション『Mirage: Arcane Warfare』のSteam(およびサードパーティマーケットプレイスでの)販売を5月中に終了すると発表しています。

同作は、ファンタジー世界を舞台にしたチーム対戦型の剣戟アクション。各々に個性を持った、カスタマイズ可能なキャラクターを用いて、様々な武器と魔法で敵チームとオブジェクティブを競い合う内容です。


発表によれば、販売終了の原因は、2018年5月25日より施行される、EUの一般データ保護規制法への対応が理由は不明ながら難しいため。「『Mirage』を維持する方法がなくなった」ゆえの決断としています。


具体的な販売終了日時についてはアナウンスされていませんが、現時点で既にSteamからは同作のストアページが削除されており、新規購入不可能となっています。また、同作公式サーバーも2018年5月31日をもっての閉鎖がアナウンス。しかしながら、プレイヤーは自身のパブリックやプライベートなサーバーを通じてゲームをプレイすることができるとしています。

なお、EUの一般データ保護規制法の影響があるのは『Mirage: Arcane Warfare』のみで、『Chivalry: Medieval Warfare』、『Chivalry: Deadliest Warrior』には影響はないとのこと。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

    リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

  2. 全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

    全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

  3. 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

    宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

  4. 初代移植版『モンスターファーム』はスイッチ/スマホで発売!価格は税込1,900円

  5. 『Telling Lies』日本語入力に不具合が発生―チームは修正作業に取り組む

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. PS4版『黒い砂漠』海外配信日が8月22日に決定!開始時には6クラスをプレイ可能

  8. ドット絵3Dアクション『Fez』がEpic Gamesストアで無料配布を開始―現地時間8月29日まで

  9. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

  10. ニンテンドースイッチ『ドラクエXI S』2019年9月27日に全世界同時発売決定【E3 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top