往年のゲーム機が再び……「インテレビジョン」復活がアナウンス! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

往年のゲーム機が再び……「インテレビジョン」復活がアナウンス!

ゲーム音楽も手がける作曲家Tommy Tallarico氏は、マテルより発売されていた往年のテレビゲーム機「インテレビジョン」版権を取得したと発表し、同機の復活を告知しています。

ゲーム機 ハードウェア
往年のゲーム機が再び……「インテレビジョン」復活がアナウンス!
  • 往年のゲーム機が再び……「インテレビジョン」復活がアナウンス!

ゲーム音楽も手がける作曲家Tommy Tallarico氏は、マテルより発売されていた往年のテレビゲーム機「インテレビジョン」の版権を取得したと発表し、同機の復活を告知しています。

「インテレビジョン」は1980年にマテルより発売された、16ビットCPUを初めて搭載したTVゲーム機。日本でも1982年からバンダイ(現バンダイナムコエンターテインメント)より短期間販売されていました。VentureBeatが報じる所によれば、今回の復活に際しては、オリジナルの「インテレビジョン」を手がけたチームメンバーとともに、新しいコンセプト、デザイン、ゲームへのアプローチを備えた新たな機種が展開されるとのことです。

Tallarico氏は、「現在、家庭内の家族と市場に大きな隙間ができています」と語り、復活する同機が、2Dメインの安価なファミリー向け機種となるとともに、過去のすべての「インテレビジョン」ゲームが遊べるエミュレーターも搭載していると述べました。また、この新「インテレビジョン」は新たなコントローラーとWi-Fiを備え、SDカードへのゲームダウンロード機能やストアも存在している模様です。

数字の並ぶ独特のコントローラーなどが、どう現代風にアレンジされるのかなど、往年のゲーマーは気になるところではないでしょうか。新「インテレビジョン」は2018年10月1日に更なる情報公開の予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 江戸が舞台の切なくも温かいVR映像作品『Hikeshi-Fireman-』トラブル解消して国内でも配信開始

    江戸が舞台の切なくも温かいVR映像作品『Hikeshi-Fireman-』トラブル解消して国内でも配信開始

  2. とんこつラーメン専門店VRシミュ『カウンターファイト 一蘭』Oculus Quest向けに配信―あの「味集中カウンター」の裏側へ…

    とんこつラーメン専門店VRシミュ『カウンターファイト 一蘭』Oculus Quest向けに配信―あの「味集中カウンター」の裏側へ…

  3. UE4向け京都背景アセット「Kyoto Alley」が18,075円でリリース、商用利用も可能

    UE4向け京都背景アセット「Kyoto Alley」が18,075円でリリース、商用利用も可能

  4. 260本以上のファミコンゲームを内蔵した携帯ゲーム機が海外で近日登場!『ロックマン2』や『テトリス』など人気作も

  5. AMD製GPUの市場シェアが5年ぶりにNVIDIA製GPUを上回る―海外報道

  6. 新型携帯ゲーム機「Playdate」発表!年末から受注開始ー黄色のボディとクランクが可愛い

  7. 敵の倒し方は自由自在! VRアクションアドベンチャー『BONEWORKS』配信開始

  8. VRゾンビアクションADV『The Walking Dead: Saints & Sinners』が日本語に対応!

  9. アタリ新ハード「Atari VCS」が海外にて予約開始!発送は2020年3月予定

  10. 日本向けにVRヘッドセット「Valve Index」の再販が実施予定―前回再販時は即日売り切れ

アクセスランキングをもっと見る

page top