悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆

ゲーム文化 インディーゲーム

悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆
  • 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆
  • 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆
  • 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆
  • 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆

2016年の発表以来、その恐ろしく、魅力的なアートで多くの注目を集めながらもデベロッパーの確保ができず開発終了となったホラーゲーム『Year Of The Ladybug』。同作アートディレクターが、新たにアートブックの制作を行うクラウドファンディングキャンペーンを開始しています。

Indiegogoにて実施中のキャンペーンでは、同作の多くのアイディアが詰まったというアートブックを18ドルからデジタル版で、68ドル以上ではデジタル版だけでなく、物理書籍としても入手可能。


なお40ドルではデジタルアートブックに加え、支援者自身の恐ろしい似顔絵を白黒で、120ドルではデジタル+物理の書籍に加え、フルカラーで更に恐ろしい姿となった支援者自身の似顔絵を書いてくれるとのことです。


このアートブックキャンペーンについて、アートディレクターであるDave Kang氏は、「ゲーム化へまた一歩近づけるように、 あなたの愛とサポートのおかげでこのアートブックを完成させることができたと心から信じています」とコメント。

また、キャンペーン概要には“このアートブックはデベロッパーにコンタクトをとる際にも使用される”と記載されており、同作のゲーム化が再始動する可能性についても示唆されています。


『Year Of The Ladybug』アートブックのクラウドファンディングキャンペーンは2018年8月14日まで実施予定。なおキャンペーンは、目標3,000ドルの所、既に6,200ドル以上を集めて成功しています。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

    米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

  2. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

    『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  3. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

    『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  4. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  5. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  6. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  7. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  8. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

  9. 6月22日開催「All Nightでフォートナイト」、プロゲーミングチームSCARZよりきるあ、すいか棒が参戦!当日スケジュールと出演者のまとめも

  10. shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

アクセスランキングをもっと見る

page top