童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】

『Starlink: Battle for Atlas』がE3会場にて、プレイアブル出展されていましたのでプレイしてきました。本記事では、本作の魅力をお伝えしていきます。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
  • 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】
先日の「ユービーアイソフト E3 2018 カンファレンス」において、最新トレイラーの発表やニンテンドースイッチ版では『スターフォックス』とのコラボレーションで大いに盛り上がっていた『Starlink: Battle for Atlas』。E3会場にて、プレイアブル出展されていましたので、早速試遊してきました。

今回はスイッチ版をプレイ。さっそく、「スターシップ」と呼ばれる戦闘機を組み立てるところからスタート!

ユニットはスターシップの機体、ウィング、ウェポンから、パイロットまであり、それぞれ3~4種類ほど用意されていました。パイロットには残念ながら「フォックス」はいませんでしたが、「アーウィン」が用意されていました。アーウィンのみ、デフォルトでミサイルが付いているので、特にウェポンを付けなくても攻撃できるとのこと。(ウェポンを付けると上書きされてしまいます)


コントローラーを土台に組み立てていきますが、もちろんユニットによって性能が変わります。スピード・ハンドリング・ディフェンス・エナジー・ウェイトの5つのパラメーターは、リンクしているゲーム画面で確認。敵に合わせて変更していきましょう。


ちなみに戦闘中でもウェポンの取付が可能で、即時に反映されました。パイロットもそれぞれにアビリティが用意されており、戦闘中にRボタンで使用できます。今回のパイロットは「メイソン」を選択。


このように自分だけのスターシップをワクワクしながら組み立てていると、幼き頃、無邪気にレ〇ブロックやゾ〇ドなどを作り上げていた自分を思い出しました。男子ならそういう思い出も結構あると思います。あぁ戻りたい…

コントローラーに付属されているので、重さが気になる方もいると思いますが、個人的にはそこまで気にならず。むしろ重量感が増して、良い感じです。

いよいよゲームに突入。オープンワールドである今作では、宇宙空間で7つの惑星を行き来できます。リアルなグラフィックで『スターフォックス』シリーズとはまた違う良さがあると感じました。


操作方法に複雑さなどはなく、すぐに慣れます。ジャイロ機能によるモーションコントロールは特にありませんでした。

ナビゲーションに従い進んでいくと、タワー型のキャラクターに遭遇。今回出てきた大型の敵キャラクター達は赤いコアに一定数の攻撃を与えると、弱点部分が現れます。そのタイミングで連射!複数回繰り返すのですが、意外と周りにいる雑魚キャラもやっかいで、なかなか手こずります。

手前が雑魚キャラ、奥はタワー型キャラの赤いコア

バリアを活用したり、低空飛行でのジャンプやローリングを駆使しながら、勝利。倒した後はコアが出てくるので、回収しましょう。


改めてナビ通り進むと、今度は4足歩行型のボスキャラクターが登場。


そこでこちらもウェポンをチェンジ。筆者が使用した中で一番のオススメは、「インプローダー」と呼ばれるウェポンで、広範囲にダメージを与えるブラックホールを発射するキャノン砲です。『スターフォックス』で例えてしまうと「スマートボム」のようなもの。非常に強く、使い勝手が良いです。


メイソンのアビリティで追い打ちだ!

楽勝かと思っていたところ、ボスキャラクターが突然、明後日の方向にダッシュ。パワーアップされてしまいました。話によると、追撃していくことでパワーアップを阻止できるようです。

なんとか倒して、試遊版は終了しました。戦闘だけではなく、本作では採取なども楽しめるとのこと。

本作を体験した結果、筆者が感じた最大の魅力は「敵に合わせながら、実際にスターシップを組み立てる懐かしい楽しさ」にあると思います。それに加え、リアルなグラフィック・戦略性もあり、今までにはない惑星オープンワールドとなっています。

ユニットの種類もどれだけあるのか楽しみです。(揃えるために散財してしまいそうで怖い…)そんな『Starlink: Battle for Atlas』は海外で2018年10月16日に発売、日本でも2019年内には発売される予定です。今から待ち遠しいですね!

プレイ動画ノーカット版はこちら↓
《千村マルス》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新価格版『北斗が如く』2019年8月8日発売決定!爽快な秘孔アクションで世紀末な歓楽街を遊び尽くせ

    新価格版『北斗が如く』2019年8月8日発売決定!爽快な秘孔アクションで世紀末な歓楽街を遊び尽くせ

  2. スイッチ『マッチョでポン! ZZ』5月30日発売―いつでもどこでも“君だけのマッチョ”を作ろう!

    スイッチ『マッチョでポン! ZZ』5月30日発売―いつでもどこでも“君だけのマッチョ”を作ろう!

  3. ローグヴァニア『Dead Cells』販売本数が200万本を突破!コンソール向け無料DLCの配信が開始

    ローグヴァニア『Dead Cells』販売本数が200万本を突破!コンソール向け無料DLCの配信が開始

  4. 「Nintendo Switch ポケモン Let's Go! ピカチュウ・イーブイセット」再販開始!相棒デザインの特別仕様をこの機会に

  5. 『Dead by Daylight』3周年記念ライブストリーム予告映像―貴重なプロトタイプもチラリ

  6. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

  7. 『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

  8. 『エースコンバット7』モルガンやファルケンも映る機体DLCトレイラー公開!爆音ファンミやオケコンも開催決定

  9. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

  10. 『バトルフィールドV』「炎の試練」 アップデート4配信―暗所でのライティング調整や手動リーンなど

アクセスランキングをもっと見る

1
page top