『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見

フロム・ソフトウェアの『DARK SOULS III』について、海外ユーザーがデータ解析により同作に未収録の「バトルロイヤルモード」が存在したことを明らかにしています。

ゲーム文化 カルチャー
『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見
  • 『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見
  • 『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見

フロム・ソフトウェアの『DARK SOULS III』について、海外ユーザーがデータ解析により同作に未収録の「バトルロイヤルモード」が存在したことを明らかにしています。

海外メディアのPCGamesNによると、海外YouTuberのLance McDonald氏は『Bloodborne』と『DARK SOULS III』のデータ解析により、『DARK SOULS III』内に「儀式剣(バトルロイヤル:蝕夜)」という名称のデータを発見したとのこと。そして、最終的には、同作のアルファ版に、製品版ではカットされた同名のマルチプレイヤーモードが存在していたとのことです。


なお、当該のファイルデータはMcDonald氏のツイッターアカウントにて公開されており、同氏の呟きから確認可能。同氏はそのほかにも「儀式剣(バトルロイヤル:蝕夜)」をゲームに導入してみた検証画像も投稿しています。ただし、実際にゲーム内で使用し、バトルロイヤルを展開することは不可能だったらしく、同モードが具体的にどのような形式のゲームモードだったのかはまだ明らかになっていない模様。


ちなみに、McDonald氏は以前にも『Bloodborne』の未登場キャラクター映像などを投稿しており、今回の解析も信憑性はある程度担保されていると考えても良いかもしれません。同氏は他にも『DARK SOULS』関連作品の解析映像を多数投稿しているため、「バトルロイヤルモード」の再現に成功した暁には、まだ見ぬ不死者たちの生き残りバトルを確認することが出来るかもしれません。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

    日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

  2. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

    「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  3. 最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

    最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

  4. 千葉のプロeスポーツチーム代表が“失踪”―チームは解散へ…『Apex Legends』や『スマブラSP』など4つの部門で計17名が新たなチームを探すことに

  5. 若い人にはわからない?昔は当たり前だったゲーマーの“慣習”いろいろ…説明書熟読から体験版ディスクまで、懐かしさに思いを馳せる

  6. また『DOOM』が予想外の機械に移植されてしまった―今度は電動歯ブラシに登場

  7. 2024年2月に世界で最も視聴されたTwitchストリーマートップ10に釈迦と加藤純一がランクイン…女性ランキングではぶいすぽっ!「橘ひなの」も

  8. 4月12日の配信迫るドラマ版「Fallout」は“ほぼ『Fallout 5』”!? 正史にも仲間入りする映像作品

  9. 日本人って語尾に「〇〇」ってつけてるの…?配信者好き海外ユーザーが感じたとある“勘違い”

  10. 間違って握りそう…?「PlayStation」コントローラー型の時計やマグカップなどユニークなグッズがヴィレヴァンオンラインストアにて販売

アクセスランキングをもっと見る

page top