ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Tiny Trinket Games開発、PC向けに6月1日リリースされたハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】
  • ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】
  • ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】
  • ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】
  • ハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』「余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました」【注目インディーミニ問答+】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Tiny Trinket Games開発、PC向けに6月1日リリースされたハードコア2.5Dアクション『Azuran Tales: Trials』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、高難易度の2.5DアクションRPG。プレイヤーは死者の神Drukandraの手によって蘇り、Magrathを討伐する旅に出ます。討伐に必要となるAmulet of Valurを探しますが、道中にはMagrathの放った危険な罠やモンスターたちが待ち受けています。15のステージが用意され、高難易度のボスバトルもプレイヤーの前に立ちはだかります。記事執筆時点では日本語に未対応。

『Azuran Tales: Trials』は930円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Tiny Trinket Games:私たちはルーマニア、ブカレストを拠点とする3人のチームです。Tiny Trinket Gamesは2017年に設立しました。以下のようなメンバーで構成されています。

Stefan Nicolescu - ゲームデザイナー、レベルデザイナー、Photoshop、ジェネラルアートディレクション
Ionut Sima - ゲームデベロッパー
Stefan Nitescu - ビジネスマネージャー、マーケティングマネージャー

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Tiny Trinket Games:本作の開発は昨年の12月に開始しました。それからリリースの6月1日まで、合計1,200時間ほどを開発に費やしました。このゲームのアイデアは、私がSteamとインターネットをブラウジングしていたとき、ふと「『DARK SOULS』と2Dアクションゲームをミックスしたら面白いだろうな」と思ったことに始まります。同じようなコンセプトのゲームは他にも多くあったのですが、私たちはこれを3Dグラフィックで表現し、深みを与えることにしました。

――本作の特徴を教えてください。

Tiny Trinket Games:2Dアクションとして今作のユニークな部分はConvictionです。プレイヤーが敵に通常攻撃をすると、敵はこのConvictionが溜まります。これにより他の能力を使用するようになるのです。『World of Warcraft』のRageを想像してみればわかりやすいかと思います。

特徴ということでしたら、まずはモンスターとボスたちについてご紹介します。モンスターたちは様々な異なる攻撃をしてくるので、プレイヤーはそれぞれ異なる戦略を必要とします。特にボスバトルの難易度はかなり高いですよ。いくつかのボスは残りのHPによって行動パターンが変化します。キャラクターを鈍化させたり、遠い距離から掴みかかってきたり、ボスを助けるモンスターの召喚などを行ってきます。

本作はとても難易度が高く、ほぼすべての攻撃がキャラクターを一撃で殺してしまう可能性があります。そのためどんな敵にも慎重に近づく必要があるでしょう。本作を開発するにあたり、余計なものがなく、純粋に難しいゲームを作ろうと思いました。例えばスキルツリーは簡単に理解でき、アップグレードの数は限られています。プレイヤーは自分のスキルと忍耐をもって、本作を攻略する必要があるのです。各ステージでは新たな鎧といつでも使用できる巻物を手に入れることができます。ほとんどのスキルはパッシブスキルで、プレイヤーの皆さんには固定のアビリティセットを使用していただきたいと思いました。これにより、特定のスキルを特定のタイミングで使用するという、とにかくタイミングがとても大事な戦闘になるのです。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Tiny Trinket Games:DARK SOULS』シリーズ、『Dead Cells』、『Salt and Sanctuary』、『Dark Devotion』、そして『Unworthy』から影響を受けています。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Tiny Trinket Games:本作はテキスト量がとても多いため、コミュニティの助けなしでは翻訳は難しいでしょう。翻訳のコストがめちゃくちゃ高くなってしまうので。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Tiny Trinket Games:本作を楽しんでいただけると嬉しいです。もし気に入っていただけたら、ぜひサポートをお願い致します。Facebook経由でいつでもフィードバックを送っていただけますし、いただいたご意見にはできるだけ早くお返事したいと思っています。

最後に、現在私たちはJRPGの要素が入った古典的なゲームを開発中です。まだまだやらなくてはいけないことは多々ありますが、数ヶ月以内にデモ版を公開する予定です。

――ありがとうございました。







『Azuran Tales: Trials』の開発元に質問がある方は、コメント欄までお寄せください(日本語または英語)。回答があった場合、同様にコメント欄でご報告します。
※すべての質問にお答えいただけるわけではありません。ネタバレとなる質問はご遠慮ください。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top