Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響

Epic Gamesは、同社運営の「アンリアルエンジン マーケットプレイス」の収益分配率を上昇させたことを明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響
  • Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響
  • Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響
Epic Gamesは、同社運営の「アンリアルエンジン マーケットプレイス」の収益分配率を上昇させたことを明らかにしました。

発表によれば、今後「アンリアルエンジン マーケットプレイス」にアセットなどを出品するクリエイターは、販売額の88%を収益として受け取れるということです(残り12%はストアに分配)。これまで「70:30」で分配されていたため、大きな価格見直しであることが窺い知れます。

アンリアルエンジン4(Unreal Engine 4)は2018年7月において、630万人以上のユーザーに利用され、マーケットプレイスでの販売者数も30%増加。2014年から約800万回のダウンロードが行われてきたとのこと。同社CEOのTim Sweeney氏は今回の収益分配率変更に際し、マーケットプレイスの進歩と『フォートナイト』の成功によって大規模なデジタルコマース展開を実現できるようになったとコメントしています。

Epic Games運営の『フォートナイト』は、7月13日からシーズン5の開幕を発表。新規マップを始めとした多数の追加要素が明らかになっていました。
《キーボード打海》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

    かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

  2. 『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに

    『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに

  3. 米メディアが大量殺人が引き起こされる原因を“暴力的なゲーム”と誘導?繰り返される議論とスケープゴートになるビデオゲーム

    米メディアが大量殺人が引き起こされる原因を“暴力的なゲーム”と誘導?繰り返される議論とスケープゴートになるビデオゲーム

  4. 原告が訴訟取り下げ…香川ゲーム条例裁判は16日に結審済み、8月に判決へ

  5. ジャンル不明の新作も飛び出した!森林精霊サバイバルやチャンバラACTなど期待作ザクザクな「505 Games Showcase Spring 2022」ひとまとめ

  6. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  7. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  8. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  9. ゲームデザインの学士号がNYの公立大で誕生!今後3年間で1,000人以上の学生に約2億6,000万円を投資する予定

  10. 『Alan Wake 2』や『CONTROL』スピンオフなどの開発進捗は?Remedy Entertainmentがゲーム開発ロードマップを公開

アクセスランキングをもっと見る

page top