カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

カプコンは、コーエーテクモゲームスが提訴した特許をめぐる裁判に勝訴したと発表しました。

ニュース ゲーム業界
カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
  • カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
  • カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは
カプコンは、コーエーテクモゲームスより提訴されていた特許をめぐる裁判に勝訴したと発表しました。

今回カプコン側の勝訴となったのは、2017年9月21日にコーエーテクモゲームスが知的財産高等裁判所に提起していた審決取消訴訟。この訴訟自体の発端は、2016年4月1日に、特許権侵害訴訟事件と並行して、コーエーテクモゲームスがカプコンの保有する特許第3295771号の無効を求めた特許無効審判請求事件にまで遡ります。

上記の特許無効審判請求は、2017年8月17日、カプコン側が第3295771号を維持する、という旨の審決で終わりました。しかし、コーエーテクモゲームスは2017年9月21日、その審決に対する審決取消訴訟を知的財産高等裁判所に提起した、という流れです。

ちなみに、争点となったカプコン所有の特許第3295771号は、「ゲーム状況が特定の状況にあることを判定した時に、プレイヤーに対し“画像情報からは認識できない情報(例えば、背後に敵がいること)”を、コントローラを振動させることで知らせるもの」というものでした。

カプコンは、「今回の判決により、本件特許の有効性が知的財産高等裁判所に確認されたことになり、裁判所の良識ある判断が先般の当社特許第3350773号審決取消訴訟における特許維持判決に続き示されたものと考えております。」とのコメントを発表しています。
《kuma》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  2. 小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

    小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

  3. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

    Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  4. スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

  5. 『Marvel’s Avengers』初代アントマンが登場する新トレイラー!海外では予約も開始

  6. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  7. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  8. アッセンブル!『Marvel’s Avengers』本格映像が初公開―2020年5月15日発売【E3 2019】【UPDATE】

  9. スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

  10. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

アクセスランキングをもっと見る

page top