PC版『モンハン:ワールド』SSD環境ではロード時間は数秒程度に―海外掲示板報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『モンハン:ワールド』SSD環境ではロード時間は数秒程度に―海外掲示板報告

2018年8月10日に発売予定のハンティングアクションゲーム、PC版『モンスターハンター:ワールド』。同作の動作環境について海外掲示板で先行プレイ者の報告が行われているようです。

PC Windows
PC版『モンハン:ワールド』SSD環境ではロード時間は数秒程度に―海外掲示板報告
  • PC版『モンハン:ワールド』SSD環境ではロード時間は数秒程度に―海外掲示板報告
  • PC版『モンハン:ワールド』SSD環境ではロード時間は数秒程度に―海外掲示板報告
2018年8月10日に発売予定のハンティングアクションゲーム、PC版『モンスターハンター:ワールド』。同作の動作環境について海外掲示板で先行プレイ者の報告が行われているようです。

海外掲示板ResetEraに投稿された、同作プレス版のプレイユーザーFluffyQuack氏の報告によれば、Intel i7-4790K、メモリ16GB、GeForce GTX1080、2560x1440環境下においてPC版『モンスターハンター:ワールド』の最低(けして平均ではない)fpsは、最もゲーム内で複雑なシーンである集会エリアでの最高設定時が44fps、Low設定では108fps程度であったとのこと。

一方同氏が4.4GHz動作のCore i7 7700KとGeForce GTX1080ti、3840x2160環境下で撮影したスクリーンショットでは最高設定で60fpsとなっています。なお、SSD環境においては非常にロードが短縮。タイトルから集会エリアまでの所要時間、集会エリアから古代樹の森までの所要時間はいずれも通常PS4(HDD)の10分の1、PS4 Pro(HDD)の3分の1程度となる6~7秒、HDD環境でもPS4 Proより数秒早い結果であると報告されています。

なお、ResetEraのスレッドに投稿したカプコンUSAスタッフWBacon氏によれば、PC版『モンスターハンター:ワールド』では、ゲーム中の読み込みを防ぐためにレベル全体のデータを事前に読み込む形式であるとのこと。その関係もあり同作ではCPUの速さも動作には重要となっているようです。

PCならではな高解像度・高画質の60fps以上動作を狙うにはかなりのハイスペックPCが要求されそうなPC版『モンスターハンター:ワールド』。SSD環境における高速ロードの効果も高いとあれば、PC買い替えのきっかけになるユーザーもいるのではないでしょうか。

『モンスターハンター:ワールド』PC版は、Steamにて2018年8月10日発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. なめらかアニメのSF横スクロールアクション『Zombotron』Steam配信開始

    なめらかアニメのSF横スクロールアクション『Zombotron』Steam配信開始

  2. バイオ風サバイバルホラー『Outbreak: Lost Hope』Steam配信開始! 悪夢を乗り越え娘を救え

    バイオ風サバイバルホラー『Outbreak: Lost Hope』Steam配信開始! 悪夢を乗り越え娘を救え

  3. 北欧神話アクションRPG『Rune』早期アクセスを省略し直接年内に正式リリースへ

    北欧神話アクションRPG『Rune』早期アクセスを省略し直接年内に正式リリースへ

  4. バイキングバトロワ『VALHALL』新トレイラー!ラグナロクを防ぐため生き残れ

  5. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  6. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  7. どうぶつバトロワ『Super Animal Royale』がセール実施!-デモバージョンも配信中

  8. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  9. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

  10. 街作りシム最新作『Anno 1800』4月16日に発売延期ーさらなるブラッシュアップ目指す

アクセスランキングをもっと見る

1
page top