戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ

Bohemia Interactiveは、戦場サンドボックス『Arma 3』に1.84“アンコール”アップデートの配信を開始しています。

PC Windows
戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ
  • 戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ

Bohemia Interactiveは、戦場サンドボックス『Arma 3』に1.84“アンコール”アップデートの配信を開始しています。

このアップデートでは、DLC「Arma 3 Jets」を手がけたBravo Zero One studiosによる新たなSAMやレーダー、駆逐艦、ミサイルシステムなどが追加。また、1.84に至るまでのコンテンツやエンジンアップグレードに合わせた『Arma 3』オフィシャルのシナリオやキャンペーンの調整も行われています。

修正前

なお、このアップデートでは初代『Operation Flash Point(Arma: Cold War Assault)』から17年間に渡り同シリーズに存在したあるバグの修正が行われています。それは、「倒れた木(や壁、オブジェクト類)をAIが透視してしまう」というもの。

修正後

このバグ、以前から知られており2018年に入ってからも修正要望が出ていましたが、一度はゲームデザイナーのOndrej Kuzel氏によって様々な理由から修正の予定はないとされていました。しかし、その後ユーザーの要望に答える形で今回の“アンコール”アップデートでの修正がなされることに。より公平なゲームが可能となることで嬉しいファンは多いのではないでしょうか。

『Arma 3』はWindows向けにSteamにて配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

    Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

  2. ゾンビサンドボックスサバイバル『7 Days to Die』日本語対応予定が発表!

    ゾンビサンドボックスサバイバル『7 Days to Die』日本語対応予定が発表!

  3. クリスマス的装飾が揃う『Apex Legends』ホリデーイベント「Holo-day Bash」発表!【TGA2019】

    クリスマス的装飾が揃う『Apex Legends』ホリデーイベント「Holo-day Bash」発表!【TGA2019】

  4. PvPタクティカルシューター『Nine to Five』発表! 【TGA2019】

  5. 基本プレイ無料『PUBG LITE』国内サービス開始は12月13日から! アカウント発行特典もアップグレード

  6. 『GoW』シリーズスピンオフSLG『Gears Tactics』2020年4月28日発売!【TGA2019】

  7. 『マインクラフト』に「ハチ」正式実装!Java&Bedrock版で登場、可愛いトレイラー映像も

  8. PC版『Detroit: Become Human』配信開始! 最初のチャプターが遊べるデモ版も

  9. 『フォートナイト』PS4とXB1で分割画面実装、フロストナイト再登場などのv11.30アップデート

  10. 『Halo: The Master Chief Collection』PC版発売週に2機種で約300万人がプレイ!配信視聴は300万時間近くに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top