戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ

Bohemia Interactiveは、戦場サンドボックス『Arma 3』に1.84“アンコール”アップデートの配信を開始しています。

PC Windows
戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ
  • 戦場サンドボックス『Arma 3』“アンコール”アップデート配信―17年間シリーズに存在したバグが遂に修正へ

Bohemia Interactiveは、戦場サンドボックス『Arma 3』に1.84“アンコール”アップデートの配信を開始しています。

このアップデートでは、DLC「Arma 3 Jets」を手がけたBravo Zero One studiosによる新たなSAMやレーダー、駆逐艦、ミサイルシステムなどが追加。また、1.84に至るまでのコンテンツやエンジンアップグレードに合わせた『Arma 3』オフィシャルのシナリオやキャンペーンの調整も行われています。

修正前

なお、このアップデートでは初代『Operation Flash Point(Arma: Cold War Assault)』から17年間に渡り同シリーズに存在したあるバグの修正が行われています。それは、「倒れた木(や壁、オブジェクト類)をAIが透視してしまう」というもの。

修正後

このバグ、以前から知られており2018年に入ってからも修正要望が出ていましたが、一度はゲームデザイナーのOndrej Kuzel氏によって様々な理由から修正の予定はないとされていました。しかし、その後ユーザーの要望に答える形で今回の“アンコール”アップデートでの修正がなされることに。より公平なゲームが可能となることで嬉しいファンは多いのではないでしょうか。

『Arma 3』はWindows向けにSteamにて配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

    『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  3. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

    8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  4. 都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

  5. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

  6. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  7. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  8. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  9. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

  10. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top