『DOOM Eternal』は内製のマルチ対戦モードやシングル用DLCを予定、Mod対応の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM Eternal』は内製のマルチ対戦モードやシングル用DLCを予定、Mod対応の可能性も

QuakeCon 2018で多くの新情報が発表されたid Softwareのシリーズ新作『DOOM Eternal』。そのイベント内にて実施された同作FAQラウンドテーブルにて、更にいくつかの情報が明らかにされています。

家庭用ゲーム PS4
『DOOM Eternal』は内製のマルチ対戦モードやシングル用DLCを予定、Mod対応の可能性も
  • 『DOOM Eternal』は内製のマルチ対戦モードやシングル用DLCを予定、Mod対応の可能性も
  • 『DOOM Eternal』は内製のマルチ対戦モードやシングル用DLCを予定、Mod対応の可能性も

QuakeCon 2018で多くの新情報が発表されたid Softwareのシリーズ新作『DOOM Eternal』。そのイベント内にて実施された同作FAQラウンドテーブルにて、更にいくつかの情報が明らかにされています。

PCGamesNによれば、まず同作には既にお伝えしたキャンペーンへの乱入要素のほか、id Software自身が手がける対戦マルチプレイヤーモードが別途搭載されるとのこと。前作『DOOM』では対戦マルチプレイヤーはCertain Affinityにより開発されていました。

前作『DOOM』で利用できたマップ作成・共有モード「スナップマップ」は、『DOOM Eternal』では非搭載。ディレクターのMarty Stratton氏によれば、「スナップマップ」を搭載しない分のリソースを用いて、プレイヤーが発売後に望むことを行うとのことです。更に、今作ではキャンペーンDLCをリリースする方針であることも明かされています。

また、今作はゲームやゲームコードが柔軟になるような技術的判断が下されているとのことで、Modサポートにも前向きなスタンスであるご様子。しかしながらStratton氏は『DOOM Eternal』のModサポートを現時点で確約できない旨を語り、「近い将来ではなくあまり遠くない未来に、より良い話ができます」と可能性を匂わせるまでに留めています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

    リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

  2. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  3. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  4. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  5. 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

  6. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  7. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  8. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  9. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  10. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

アクセスランキングをもっと見る

1
page top