選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

ゲーム文化 カルチャー
選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
左=Duncan Hunter被告人

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

Kotakuなどによれば、今回起訴されたのは下院議員のDuncan Hunter被告人とその妻であるMargaret被告人。両被告人は約25万ドル(記事執筆現在約2,750万円)の選挙資金をハワイ旅行や観劇、子どもの授業料やゲーム購入などに充てていたとして1年以上前から司法省の調査を受けており、この度、有線通信不正行為、記録偽造、選挙資金違反、共謀罪等の罪で起訴されました。

なお、Duncan被告人はSteamでのゲーム購入について、息子が自分のクレジットカードを用いて勝手に行ったことであると主張しており、まだ返済は行われていないとのこと。ちなみに、The San Diego Union-TribuneによればSteamに使用された総額は1,302ドル(記事執筆現在で約15万円)。加えて、Kotakuの公開している明細から、購入したゲームは5ドルのものから90ドルのものまで多岐にわたることが明らかになっています。

また、これを受けた選挙管理委員会のアナリストは、同被告人らに経費の説明、申告書の作成と個人経費の払い戻しを要求しています。同被告人はゲームにおける表現規制反対派の議員として知られていました。

CNNでは、両被告人が、どのようなものに選挙資金を不正利用したのか、などが記載されている起訴状も公開されています。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

    「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

    実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

  3. プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

    プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

  4. 『サイバーパンク2077』おしゃべり銃「スキッピー」の限定版レプリカが予約開始!

  5. 『8番出口』に”両方の”『AC6』も!「RTA in Japan Summer 2024」取り扱いゲーム発表

  6. リアル世界を『マイクラ』で再現!?コーネル工科大学院生、Googleマップの3Dタイルを『マインクラフト』のボクセルに変換する技術を開発

  7. 『ELDEN RING』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」ユーザー評価は?SteamレビューやMetacriticユーザースコアから見る

  8. 『VALORANT』新スキン「エヴォリ・ドリームウィングス」は同スキンが近くにいると使い魔がニッコニコに!変わる表情、プレイヤーと一緒にジャンプなどこれまでにない要素が盛りだくさん

  9. 第5回CRカップ『ストリートファイター6』の出場者&チーム分け発表!高木、ボンちゃん、葛葉など“マスター以上”の猛者ばかり

  10. “AI生成”疑惑も―『ポケカ』イラストコンテスト応募者に規約違反があったとして一部の応募を失格へ

アクセスランキングをもっと見る

page top