『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場

The Fullbright Companyが手掛けた、探索型ADV『Gone Home』のニンテンドースイッチ版に、任天堂作品が登場するイースターエッグが含まれていることが海外ユーザーより明かされました。

ゲーム文化 レトロゲーム
『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場
  • 『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場

The Fullbright Companyが手掛けた、探索型ADV『Gone Home』のニンテンドースイッチ版に、任天堂作品が登場するイースターエッグが含まれていることが海外ユーザーより明かされました。

本作は、1990年代を舞台にしており、作中ではブラウン管テレビや映画「パルプ・フィクション」のチケットなど、その時代を反映したものが多数存在。作中では、その中の一つとして、SNES(海外版スーパーファミコン)本体とソフトカートリッジが登場しています。

PS4/Xbox One/PC版ではそれらのカートリッジは架空の作品ですが、スイッチ版では『スーパーマリオカート』や『スーパードンキーコング』(海外ではドンキーコングカントリー)、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』といった任天堂作品に置き換わっています。


このスイッチ版『Gone Home』だけのイースターエッグを発見したのは海外TwitterユーザーのLiamさんですが、The Fullbright Company設立メンバーであるSteve Gaynor氏がLiamさんのツイートに反応。Gaynor氏は、米任天堂に対し、ゲーム内に(実在作品を)含めることができたことへの感謝を述べています。

ゲーム性に変化をもたらすものではないので、些細な変更点ではありますが、随所に細やかなこだわりを感じさせる本作ならではの、興味深いイースターエッグといえるでしょう。ちなみに、他機種版に含まれていた架空のカートリッジも、変わらず存在しているとのことです。

『Gone Home』は、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに発売中です。
《TAKAJO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

    ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

  2. 今度はオールドパソコンがミニ化!昔の海外PCゲームが楽しめる「PC Classic」発表―11月よりクラウドファンディング実施

    今度はオールドパソコンがミニ化!昔の海外PCゲームが楽しめる「PC Classic」発表―11月よりクラウドファンディング実施

  3. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

    ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  4. Valve、Steamの「重大な欠陥」を見つけたリサーチャーに報奨金2万ドルを支払う

  5. ボードゲーム版「Assassin's Creed: Brotherhood of Venice」Kickstarter開始!既に目標額を達成

  6. 『モンハン』映画版が撮影開始か、出演俳優が撮影風景画像を公開

  7. 職人の技、見せてくれるわい!『オーバーウォッチ』公式コスプレバトルがヨーロッパにて開催

  8. アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去―享年95、『Marvel's Spider-Man』などのゲームにもカメオ出演

  9. 『FFXV』開発中止となったDLCを追悼する墓碑ModがSteamワークショップにて公開─安らかに眠れ…

  10. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

アクセスランキングをもっと見る

page top