『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場

The Fullbright Companyが手掛けた、探索型ADV『Gone Home』のニンテンドースイッチ版に、任天堂作品が登場するイースターエッグが含まれていることが海外ユーザーより明かされました。

ゲーム文化 レトロゲーム
『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場
  • 『Gone Home』スイッチ版に『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂作品のカートリッジが登場

The Fullbright Companyが手掛けた、探索型ADV『Gone Home』のニンテンドースイッチ版に、任天堂作品が登場するイースターエッグが含まれていることが海外ユーザーより明かされました。

本作は、1990年代を舞台にしており、作中ではブラウン管テレビや映画「パルプ・フィクション」のチケットなど、その時代を反映したものが多数存在。作中では、その中の一つとして、SNES(海外版スーパーファミコン)本体とソフトカートリッジが登場しています。

PS4/Xbox One/PC版ではそれらのカートリッジは架空の作品ですが、スイッチ版では『スーパーマリオカート』や『スーパードンキーコング』(海外ではドンキーコングカントリー)、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』といった任天堂作品に置き換わっています。


このスイッチ版『Gone Home』だけのイースターエッグを発見したのは海外TwitterユーザーのLiamさんですが、The Fullbright Company設立メンバーであるSteve Gaynor氏がLiamさんのツイートに反応。Gaynor氏は、米任天堂に対し、ゲーム内に(実在作品を)含めることができたことへの感謝を述べています。

ゲーム性に変化をもたらすものではないので、些細な変更点ではありますが、随所に細やかなこだわりを感じさせる本作ならではの、興味深いイースターエッグといえるでしょう。ちなみに、他機種版に含まれていた架空のカートリッジも、変わらず存在しているとのことです。

『Gone Home』は、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに発売中です。
《TAKAJO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

    『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

  2. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

    会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  3. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  4. 『無双OROCHI 3』『DEAD OR ALIVE 6』など、全13タイトル出展!コーエーテクモゲームスブースレポート【TGS2018】

  5. ドット絵アクションADV『ANNO Mutationem』―「SCP」ひしめくサイバーパンク世界で脅威に対峙せよ!【BitSummit Roadshow: Tokyo 2018】

  6. 参加型e-Sportsイベント「TGSでFORTNITE、PS4で遊ばナイト」開催決定!―有名プレイヤーと組んで一位を目指せ

  7. 【動画】孤独なタンクトップおじさん、「東京ゲームショウ 2018」会場をレポート!【TGS2018】

  8. 龍神の剣をくらえ!『オーバーウォッチ』ゲンジが使うカタナのレプリカが海外で予約開始

  9. 『MGSV:TPP』「ヴェノム・スネーク 1/6スタチュー」800個限定版が国内流通決定

  10. 「レインボーシックス」などトム・クランシー作品の映画化が進行中、主演はマイケル・B・ジョーダン

アクセスランキングをもっと見る

page top