プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Tomorrow Corporation開発、PC/Mac/Linux向けに8月24日リリースされたプログラミングパズル『7 Billion Humans』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】
  • プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】
  • プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】
  • プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】
  • プログラミングパズル『7 Billion Humans』「社員たちには優しく、そして殺し過ぎないように!」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Tomorrow Corporation開発、PC/Mac/Linux向けに8月24日リリースされたプログラミングパズル『7 Billion Humans』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、プログラミングで社員たちを動かしパズルを解いていくというタイトル。『Human Resource Machine』の続編で、今回は多くの社員たちを一度に動かすこととなります。それゆえ、前作とは異なるアプローチが必要となってきます。記事執筆時点では日本語未対応です。

『7 Billion Humans』は1,520円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Tomorrow Corporation:本作は4人の友人たちによるチームが開発しました。Kyleが2人と、Allan、そしてPeteです。チームの60%はKyleで出来ています。

――本作の特徴を教えてください。

Tomorrow Corporation:私たちは2015年に『Human Resource Machine』という小さな社員にプログラムをし、パズルを解くというゲームを作りました。この作品では1人の社員がパズルを解いていましたが、『7 Billion Humans』ではたくさんの社員が同時にパズルを解くことになります。

もしたくさんの人の上司になってみたい、と思ったことがあるのでしたら、本作は楽しんでいただけるでしょう。小さな社員はあなたのいうことをなんでも聞きます。彼らはデータキューブを持って部屋中を走り回ったり、書類を印刷したり、穴やシュレッダーに飛び込むことさえもするのです。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Tomorrow Corporation:本作は『Human Resource Machine』の続編ですが、どちらから遊んでも問題ありません。インスパイアということでしたら、近年私たちの仕事が機械にどんどん奪われていっている現実から着想を得ています。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Tomorrow Corporation:あります!ニンテンドースイッチ版は日本語入りで発売されます。同時期に、ほかのプラットフォームでも日本語に対応させる予定です。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Tomorrow Corporation:2人のKyleは日本に行った事があり、2人とも日本が大好きです(特に新幹線が)。皆さんが本作を楽しんでいただけると嬉しいです!社員たちには優しくしてくださいね。それに、殺し過ぎないように!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top