ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

「ゲームをやりすぎると頭が悪くなる」……と昔からよく言われていますが、オーストリアの心理学教授Timo Gnambs氏より、実際にその影響について調べた研究結果が明かされました。

ゲーム文化 カルチャー
(C)GettyImages
  • (C)GettyImages
  • (C)GettyImages
ゲームをやりすぎると頭が悪くなる」……と昔からよく言われていますが、オーストリアの心理学教授Timo Gnambs氏より、実際にその影響について調べた研究結果が明かされました。

この研究は、 Gnambs氏らが2年間にわたって行ったもの。「コンピュータゲームが勉強の成果に与える影響を長期的な観点から研究したかった」と海外メディアFatherlyにて語る同氏は、3,554人の青年期のドイツ人をサンプル(内56%が女性)とし、彼らのゲームの習慣、プレイ時間などと、読解と数学と推論能力の成績を調査しました。その結果、1日に最大8時間にわたってゲームを遊ぶ子どもでも、学業成績への影響は僅かしか見られなかったということです。

Gnambs氏は「成績にはごく僅かな影響しか見当たらず、コンピテンシーはありませんでした」とその結果についてコメント。本実験はあくまでひとつの実験結果の例でしか無いものの、勉強を理由にゲームプレイを制限せざるを得なかったゲーマーの学生諸氏は、ある意味ひと安心といったところではないでしょうか。また、Gnamb氏は、試験などの前に状況に応じたゲームの制限が重要であり、課題に直面していない学生が長時間のゲームプレイを楽しむことは大きな問題ではない旨を述べています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Netflix版『ウィッチャー』を待ちきれないファンがトレイラーでライムを刻む!メダルも震える完成度なMV風動画

    Netflix版『ウィッチャー』を待ちきれないファンがトレイラーでライムを刻む!メダルも震える完成度なMV風動画

  2. ユーザーによる『レインボーシックス シージ』おもしろ映像!壁の向こうは『マインクラフト』の世界だった……?

    ユーザーによる『レインボーシックス シージ』おもしろ映像!壁の向こうは『マインクラフト』の世界だった……?

  3. Netflixドラマ版『ウィッチャー』初トレイラー公開!

    Netflixドラマ版『ウィッチャー』初トレイラー公開!

  4. サウスウエスト航空が乗客にスイッチ本体と『マリオメーカー2』をプレゼント!SNSでは沸き立つ機内の様子も

  5. 農業シムのe-Sports大会「Farming Simulator League」ファーストシーズンは7月末に開幕!

  6. 陰鬱即死2Dアクション『LIMBO』Epic Gamesストアで無料配信中、現地時間7月25日までの期間限定

  7. え、それ飲むの!?『バイオハザード』おなじみの救急スプレー型サーモボトル発売

  8. 『DEATH STRANDING』が初代PSゲームになったら?ファンメイド“デメイク”映像が公開

  9. エリートになったミラージュくん!『Apex Legends』ファンメイドアニメ最新作公開

  10. 君もドゥームスレイヤー!『DOOM Eternal』のコスプレガイドが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top