「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞 2018」の各賞受賞作品が発表されました。年間作品部門の最も栄誉ある大賞に輝いたのはカプコンの『モンスターハンター:ワールド』でした。

ニュース ゲーム業界
「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】
  • 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】
  • 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞 2018」の各賞受賞作品が発表されました。年間作品部門の最も栄誉ある大賞に輝いたのはカプコンの『モンスターハンター:ワールド』でした。

◆受賞理由
昨年の日本ゲーム大賞フューチャー部門を受賞するなど、ファン待望の据え置き機対応作品として、その発売に多くの期待が寄せられた作品。

ハードの性能をフルに活用した、新たなチャレンジに対し、多くのユーザーから、賞賛の声が多く寄せられ、日本が世界に誇る大作として、シリーズファンはもとより、新たなユーザーからも圧倒的な支持を受けての受賞となりました。

◆ゲーム制作者のコメント
この度、日本ゲーム大賞2018にて大賞という名誉ある賞に選出いただきまして、まことに光栄に存じます。

「モンスターハンター:ワールド」は、9年ぶりの据え置き機向けの新作で、シームレスなフィールド、動きを止めないアクション、世界中のプレイヤーとのオンラインプレイなど、制作上のチャレンジが非常に多岐に渡るプロジェクトでした。

それは、これまで応援してくれていた日本を中心としたプレイヤーの方はもちろん、初めて触れてくれる方にも楽しんでいただきたいという思いで制作、今出来ることはすべて行ってきたつもりでした。

しかしそれは同時に、本当に楽しんでいただけるのだろうか?大丈夫だろうか?という不安との戦いの日々でもありました。

本日、私たちが制作したものが受賞という形で評価をいただけることには、これまでの日々に対する幾ばくかの安堵と、ただただありがたいという思いにあふれ、作り手冥利に尽きるのであります。

あらためて、応援してくださった皆様へ。
遊んでくれて、ありがとうございます。
受賞作として選んでくれて、ありがとうございます。

モンスターハンター:ワールド チーム一同


また、年間作品部門の各賞一覧は以下の通り。今年はe-Sportsにも適した対戦型の作品が続々と受賞している他、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』が「グローバル賞 海外作品部門」と「優秀賞」を、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が「優秀賞」と「ベストセールス賞」をダブル受賞しています。

◆大賞
・モンスターハンター:ワールド

◆優秀賞
・UNDERTALE
・コール オブ デューティ ワールドウォーII
・スーパーマリオ オデッセイ
・スプラトゥーン2
・ゼノブレイド2
・ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
・Fate/Grand Order
・フォートナイト
・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
・ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
・モンスターハンター:ワールド

◆ベストセールス賞
・ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

◆グローバル賞 日本作品部門
・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

◆グローバル賞 海外作品部門
・コール オブ デューティ ワールドウォーII

なお、「ゲームデザイナーズ 大賞2018」ではAnnapurna Interactiveの『Gorogoa』が、「経済産業大臣賞」では“Nintendo Switch 開発チーム”が受賞しています。


ゲームデザイナーズ 大賞2018 『Gorogoa』受賞理由
『Gorogoa』は、絵の階層(レイヤー)を動かし、並べたり重ねたりして進めるパズルゲームです。話を聞くだけでは昔からあるゲームのように思えるのですが、アートの素晴らしさ、奇想天外な解法、テキストが一切表示されないのに謎めいているストーリー運びや見せ方など、このソフトにしかない美点が詰まっています。

ゲームデザイナーズ大賞は、独創性を最重要視して決める賞です。しかし、作品が知られていなければ、投票されることもありません。

この『Gorogoa』は、遊んだ人は決して多くないであろうと思います。しかし、複数人の審査員がプレイしており、また票を多く与え、得票数としても、支持者数としても、今年度の一位に輝きました。確かにこの作品は、他に例を見ません。

経済産業大臣賞 “Nintendo Switch 開発チーム” 受賞理由
「いつでも、どこでも、誰とでも。」Nintendo Switchは、多様化する現代のライフスタイルに対応する新たなゲーム機として登場。

据え置き機として家族みんなで遊ぶ層と、携帯機として自分の画面を占有する層をひとつにし、どんなプレイスタイルにも応えられる、かつてない万能なゲーム機となりました。

この画期的なコンソールから生み出される任天堂の作品群は、完成度・独走性が極めて高く、斬新な遊びの提案を続けています。それによって家庭用ゲーム開発は活況を呈し、各方面での新しいソフト開発の機運を高めることともなりました。

この様なハード・ソフトの両輪によって国内でのユーザーの大きな支持はもとより、海外でも非常に早いスピードで普及台数を伸ばし、世界中で家庭用ゲーム機の存在感を再び大きく押し上げるほどのムーブメントとなっております。

そんな飽くなきゲームの可能性を追求する姿勢と驚異的な実績が評価され、素晴しいゲーム機を生み出したNintendo Switch開発チームに対して、満場一致での受賞となりました。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 27 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

    『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

  3. PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

    PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

  4. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  5. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  7. 「ツインスティック」クラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植が後押し

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. ユーチューバー生活体験シム『Youtubers Life』のPS4/Xbox One/スイッチ版が海外発表!

  10. 仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

アクセスランキングをもっと見る

page top