すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

『ダライアスコズミックコレクション』で約10年ぶりにコンシューマゲーム事業に再参入したタイトー。東京ゲームショウにも久々にブースを出展しています……が、今回は家庭用アップライトゲーム機「ARCADE1UP」に全振りしています。

ゲーム文化 レトロゲーム
すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】
  • すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

『ダライアスコズミックコレクション』で約10年ぶりにコンシューマゲーム事業に再参入したタイトー。東京ゲームショウにも久々にブースを出展しています……が、今回は家庭用アップライトゲーム機「ARCADE1UP」に全振りしています。


「ARCADE1UP」はTastemakers LLC.が製造・販売するアップライト筐体をタイトーが輸入・販売するもので、日本では70~80年代によく見かけたアップライト筐体の3/4スケールにした家庭用のゲーム筐体です。もちろん当時使用されていたブラウン管ではなく液晶画面になっています。サイズはW 483mm × H 1,163mm × D 584mm、重さは25kg。組み立てキットで販売されます。

ゲームタイトルは3種類用意され、『スペースインベーダー』(オリジナル(モノクロ)とカラーの選択が可能)、『ギャラガ・ギャラクシアン』『パックマン・パックマンプラス』となっています。


遊んでみたところ、ボタンも稼働当時の感触が重めのタイプを使用しているため、『スペースインベーダー』など連射の必要がないゲームならばともかく、『ギャラガ』のような連射が必要なゲームだと厳しいかなとも感じました。そのあたりはボタンの換装ができるといいのですが……。


参考までに、本物のアップライト版インベーダーも展示されています。ハーフミラーを使って背景を映し出すシステムです。当然ながら「ARCADE1UP」にはそこまでのコストはかけられていません。


ただ、コンパネは海外版ではありますが、アーケードのデザインに近づける努力をしています。左がオリジナル版(日本語)、右が「ARCADE1UP(英語)」です。


各筐体2台ずつの6台展示となっています。価格は58000円(税別)。発表時より割引価格で発売していましたが、現在は品切れとなっています。近々二次発売が行われるということなので、興味のある方は再発売の告知が出るまで待っていてはいかがでしょうか。なお、「ARCADE1UP」シリーズは海外ではカプコンやアタリなどのタイトルのコンピレーションも用意されており、そちらの国内販売も検討されている模様です。

(C) TAITO CORPORATION 1978,2018 ALL RIGHTS RESERVED.
(C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  2. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  3. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  6. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  7. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  8. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  9. サイバーパンクなトリップFPS『Project Downfall』早期アクセス開始!ゴロツキ共に正義の鉄槌を

  10. PC版『バイオハザード RE:2』に一人称カメラ視点でプレイできるModが登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top