人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!開発期間5年以上の大作に一区切り | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!開発期間5年以上の大作に一区切り

インディーデベロッパーLudeon Studiosは、惑星コロニー開拓・運営シム『RimWorld』に1.0アップデートを実施し、正式版として配信しました。

PC Windows
人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!開発期間5年以上の大作に一区切り
  • 人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!開発期間5年以上の大作に一区切り
  • 人気惑星コロニー運営シム『RimWorld』遂に正式版に!開発期間5年以上の大作に一区切り

インディーデベロッパーLudeon Studiosは、惑星コロニー開拓・運営シム『RimWorld』に1.0アップデートを実施し、正式版として配信しました。

2013年にKickstarterを実施、その後Steam早期アクセスを行った同作は、宇宙船の事故で未開の惑星に不時着した一行を操るストラテジー。コロニーを建築、維持拡大し宇宙船を再建、再び宇宙を目指すことが目的で、リアルタイムに進行していきます。

その過程では、各種の天候や気候への対応や、現地勢力や生物などとの友好的・敵対的な関わり、細かく設定された健康ステータスの維持管理といった要素も。戦闘では敵味方ともに、それぞれにペナルティの設定された身体各部に負傷を受けることになります。細かい管理を要するゲームですが、日本語にも対応しており、英語が苦手でも存分に楽しむことが可能です。


正式版1.0では、先のバージョン0.19より各種のバグフィックスが行われている他、居住者や囚人に与える食料の種類の管理が可能な新たな食料制限システムが追加。なお、以前の通りであるならば、同作の開発はこれを持って一区切りです。しかしながら同作はバージョンアップの度にMod側の追従作業が必須であったため、今後は大きくModの開発が盛んになる可能性があります。


『RimWorld』は、公式サイト(DRMフリー版+Steamキー)/Steamにて35ドル/3,600円で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

    オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

  2. Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

    Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

  3. 16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

    16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

  4. 専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

  5. 全てを自動化する開拓地マネジメントシム『Autonauts』PC向けにリリース―平和な開拓地をロボットで機械化!

  6. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

  7. 『Fallout 76』大型アップデート「Wastelanders」2020年Q1に延期へ―人間NPC追加など、過去最大の拡張コンテンツ

  8. 『リーグ・オブ・レジェンド』日本語版の全吹き替え声優が初公開!【LoL10周年感謝祭】

  9. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  10. PC版『アウターワールド』の要求スペック公開ー推奨グラボはGTX1060 6GBなどに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top