SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも

2012年にKickstarterでクラウドファンディングキャンペーンが開始されたSFMMO『Star Citizen』。本作のクラウドファンディングによる調達資金額が2億ドルを突破したことが明らかとなりました。

ゲーム文化 Kickstarter
SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも
  • SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも
  • SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも
  • SFMMO『Star Citizen』のクラウド調達額が2億ドル突破!―日本時間11月24日から無料プレイも

2012年にKickstarterでクラウドファンディングキャンペーンが開始されたSFMMO『Star Citizen』。本作のクラウドファンディングによる調達資金額が2億ドルを突破したことが明らかとなりました。

公式サイトのファンディング統計によれば、2018年11月19日現時点で資金額が2億ドル、出資者は210万人超とされています。今回の2億ドル突破の事実を受け、開発を指揮するChris Roberts氏は、公式サイトにおいて「クラウドファンディングで調達された資金と本作の開発の未知なるフロンティアは、遠い星を探険する旅を前例のない表現とスケールで実現する写し鏡のようなものです」と述べています。



本作は現在アルファ版であり、MMOの本編に加えシングルプレイヤーの「Squadron 42」が製作中です。日本時間11月24日から1週間、本作の探険可能な最初の惑星となる"Hurston"のリリースを記念し無料プレイを実施予定。惑星の探険に必要となる艦のテスト飛行も可能とされ、利用できる機種も公表されています。詳しくはこちらをご覧ください。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  2. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

    ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  3. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

    『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  4. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  5. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

  8. PS4版『レインボーシックス シージ』国内公式大会が開催決定ー誰でも参加可能

  9. Mod導入ソフト「Nexus Mod Manager」に最新アップデート、旧バージョンはオンライン使用不可に

  10. PC版『レインボーシックス シージ』賞金総額300万円超の国内大会開催決定ー最強チームがここで決まる

アクセスランキングをもっと見る

1
page top