特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?

初めてのPVP戦。相手に場をコントロールされ、自身の考えた編成で何もできず完封負けした瞬間、『メギド72』というゲームに本気になった自分がいました。

アプリゲーム iOS
特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
  • 特許取得の戦闘システムと3Dバトル演出でテンションがアガる!君はもう『メギド72』を遊んだか?
初めてのPVP戦。相手に場をコントロールされ、自身の考えた編成で何もできず完封負けした瞬間、『メギド72』というゲームに本気になった自分がいました。


本作は72柱の悪魔を育成して世界を救う、スマートフォン向け本格戦略バトルゲーム。スマートフォンゲーム全盛期にあって、一つの理想型とも言えるハイクオリティな3Dキャラクター演出と、高度な戦術を体現できる独創的な戦闘システムを確立しています。簡単に言うと、カードバトルとシミュレーションの良いとこ取りで、どちらもハイスピードで楽しむことができます。

【関連記事】
なんだそのえげつない動きは…?『メギド72』3Dモデルの魅力に動画で迫る! こだわりポイントを徹底解説


どんなストーリー?悪魔をモチーフにしたメギドとともに戦え


本作の舞台は、メギド(悪魔)、ハルマ(天使)、ヴィータ(人間)の3種族が登場する世界。ヴィータが住む「臨界:ヴァイガルド」は、フォトンと呼ばれるエネルギーを求める幻獣に食い荒らされており、「宵界:メギドラルの住人」であるメギドと、「輝界:ハルマニアの住人」であるハルマによる全面戦争「ハルマゲドン」が迫っていました。


そんな時、メギドの真の力を引き出して使役できる「ソロモンの指輪」を持つ主人公が、ヴィータに転生した追放メギドたちと出会い、「ハルマゲドン」を防ぐ世界救済の冒険が始まります。


ストーリーモードは、1ステージごとにダンジョン探索とバトルの2つのパートをこなします。メインクエストだけでなくイベントクエスト、育成やゲーム内通貨(ゴルド)、アイテム入手のためのクエストも存在します。

召喚メギドはレアリティーなしでリセマラも不要


プレイヤーは、旧約聖書のソロモン王が使役したとされる72柱の悪魔をモチーフにした72体「祖メギド」と、それ以外の悪魔をモチーフにした「真メギド」が使用可能。その全てを星6まで育成できます。また、最初の10連召喚はリセマラ不要でプレイヤーが納得いくまで何度でも召喚し直せるのです。


10連召喚であっても8~9割がオーブで、メギドがなかなか当たらない設定。だからこそメギドは貴重なので大事にしようと思えます。飽和しないからこそのありがたみを感じる逆転の発想を称賛したいです。もちろん、オーブも後述するバトルでの戦局を左右し、発動時の演出がまたカッコ良いから重要です。

周回の苦行とはおさらば!攻略チケットに魔導書


ゲームの進行は、ストーリーのテンポの良さ、1回のバトルにかかる時間の短さでサクサク進みます。さらに「攻略チケット」を使えば、全員生存(金冠)でクリアしたクエストに限り、ダンジョン探索もバトルも全部スキップして経験値とアイテムだけを入手できます。


育成に必要な素材を入手するため、同じクエストを繰り返すのが多くのスマートフォンゲームのデフォルトになっていますが、本作ではその苦行が大幅に軽減されているのです。また、必要な素材に関してもメギドごとに、どのアイテムが足りなくて、どこを周回すれば入手できるかが一目瞭然の親切設計。攻略チケットさえあれば全て自動処理してくれるので、バトルやストーリーを楽しむ時間、育成の時間のメリハリがつけられます。


攻略チケットは、ログインボーナス、ゲーム内通貨で引き替え、クエストを全員生存でクリアした時など、あらゆる場面で入手可能。おまけにバトルに参加させずにレベルアップできる魔道書も財宝クエストから攻略チケットで楽々手に入るので、全メギドの育成が捗るわ捗るわ…まさに痒いところに手が届くとはこのことです。

カードゲームのように戦略性の高い、特許も取得したバトルシステム


あくまで筆者の持論ですが、「最適解の方程式」を組むことで、相手に先んじて「正解=勝ち」を押し付けるのがカードゲームの醍醐味。本作の戦闘バトルはまさにカードバトルを繰り広げるかのような、戦略をぶつけ合います。

本作では「ドラフトフォトンシステム」という特許も取得したバトルシステムを採用。敵と3種類のフォトンを奪い合いながら、アクションの指示を出すターン制バトルを繰り広げます。独自性に富むゆえ、ルールの理解に少し時間がかかりますが、自分の戦術が見えてきた時にはカードゲームに通じる楽しみがあります。

・通常攻撃をするアタックフォトン


基本となる通常攻撃では、後述する覚醒ゲージも溜まります。

・スキルを発動するスキルフォトン


スキル発動は通常攻撃よりも強力なダメージを与えるだけでなく、仲間をかばったり、回復させたりする能力を持つメギドが本領発揮できます。

ブニの「女神の護り+」は、味方すべての単体攻撃を受け持ってくれるだけでなく、最大HPの20%以下のダメージ量なら無効化してくれる

・覚醒スキルや奥義を放つための覚醒ゲージを溜めるチャージフォトン


1ターンの内にランダムに出現するフォトンを、メギド1体につき最大3個まで与えられます。ただし、敵側とフォトンを奪い合うため、全てのフォトンを独占できません。そのため、どのメギドに、どのタイミングで、何をさせるかを考える必要があります。

・覚醒スキルと奥義
覚醒ゲージがMAXになった状態では、強力な覚醒スキルや奥義を放つことができます。覚醒ゲージは敵を攻撃することでチャージされることもあれば、味方メギドのスキルによってチャージさせることもできます。ゲージの長さもメギドによって様々で、強力であればあるほど長い傾向が見られます。いかに少ないフォトンで発動させるかがポイントです。

ウヴァルの奥義はその後2ターンの間は固定追加ダメージを付与。かばうなどでダメージ軽減スキル発動中も固定追加ダメージは与えられるので強力

ウヴァルの覚醒スキルは6連続ダメージなので、奥義を放った後にこちらを使うとさらにダメージを与えられる

・クラスごとの相性、さらに前列と後列の影響


敵の幻獣も含めてメギドは、ファイター、トルーパー、スナイパー、の3つのクラスに分かれています。クラスごとでバトル中に優先して攻撃する対象が変化しますし、さらにはラッシュ、カウンター、バーストと得意とするバトルスタイルも違ってきます。


また、デッキ編成で誰をリーダーにするかで、1ターン目の攻撃力上昇や毒無効など、全体へ及ぶ特殊効果も変わってきます。その際に、敵とのクラス相性によってダメージ補正がかかります。ストーリーモードでは、ステージ選択時に敵ボスの編成が分かるので、デッキを対応させることで有利に運びましょう。


・戦況を覆すオーブ
バトルはメギドの持つスキルだけではなく、装備したオーブの特性を発動することができます。オーブには、敵にダメージを与えるものから、自身へのダメージ軽減、使用できるフォトンを追加させるといった様々なものがあります。


メギド1体に付き1つしかオーブを装備できないのと、オーブによって発動できるまでのターン数が違います。メギドをより活かすオーブの選択が戦局を左右すると言っても、過言ではありません。


練りに練られたバトルシステムは、多様なメギドの能力、オーブの特性もあいまって、1枚1枚の機能を連動させて場を有利に運ぶカードバトルを彷彿させます。

バトルだけじゃない、メギドが魅力的だからこその『メギド72』


ウヴァル

アムドゥスキアス

ゼパル

いかにゲームシステムが快適でも、登場するメギドが好きでないとのめり込めないはず。そこも、モチーフが72柱の悪魔というだけで中二病をくすぐりますし、各メギドの個性的なデザインは、淑女、ツインテール、ゴシックロリータ、ツンデレと多様なツボを見事に押さえています。しかも、通常の人間体(ヴィータ)と奥義発動時の悪魔体(メギド)のギャップが見ていて楽しい。バトルではメギドごとの表情や動きのモーションが見られ、カッコ良いBGMが盛り上げてくれるので気持ちがアガります。

何よりも全てのメギドが星6まで育成できるので、捨てメギドなし!育成と戦略次第でいくらでもデッキのバリエーションが増えていくでしょう。

・PVP戦で勝利を目指したい
先ほどカードバトルに例えましたが、バトルではメギドごとの役割分担が非常に明確です。筆者のデッキを例にすると、ウヴァル、アムドゥスキアス、ウァラク、ブニ、フォカロルの5体をメイン編成にしています。

ウヴァルはラッシュ型として最優の呼び声が高く、自身へのバフ、相手の強化解除、と大ダメージを与えるまでの過程を自己完結できるアタッカーです。このデッキ編成の中心であり、攻撃は基本的に彼女しかしません。

筆者の中では圧倒的に“俺の嫁”として推したい。最早、いてくれないとクエストクリアできる気がしない

ブニは、本作では欠かせない「かばう」要員。ほかに同タイプがいる中で彼女を選んだのはツンデレだからです。だいたい、かばうしかしません。主人公のことは「ついでに守ってるだけ」とか言いながら、しっかり守ってくれるところが初々しくてイイ。


本当に素直じゃない。たまに聞ける感謝の言葉も照れ照れで言うのが可愛い

アムドゥスキアスはスキルや奥義が優秀なので、彼女を中心としたデッキ編成もあるぐらいです。このデッキでは、ブニに2回の攻撃無効化を付与してより鉄壁にするのが役割です。ゴシックロリータでオッドアイ、どこか中二病の匂いを感じさせるのが、ドストライクですね。

アムドゥスキアスの「伏魔殿の結界+」は味方単体への攻撃を2回無効化するので、かばうスキルを持ったメギドとのコンボは相性抜群

ウァラクは回復と素早さを上げる役割。2つを一つのスキルで同時にこなしてくれるのはバフ要員として非常に優秀です。あと踊り子のようなアクションを見せるので目の保養にもなります。

踊り子と言われても驚かない

フォカロルは、力を溜めて一気に大ダメージを与えるバーストタイプ。ウヴァルが攻撃し、ほかの3人で援護している間に、攻撃力を高めたり、覚醒ゲージを溜めたりして、バトルが長引いた時の決め手になります。しかし、その前にウヴァルがほぼ一人で倒してくれるので、まさしく「切り札」といえる存在。

来るべき時に備え力をためる

筆者の欲しいゼパル。かわいい

まだまだ、自分が欲しいメギドが揃っていないし(とくにゼパル)、性能を活かしたデッキ編成ができていません。初めてのPVP戦で負けた相手がコントロールタイプのデッキだったのですが、メギドにおいても相手のフォトンを破壊したり、覚醒ゲージを下げたり、状態異常にしたりするコントロール型の勢いはあります。しかし、だからこそ、「やられる前にやる」というラッシュ型を極めたいと筆者は思っています。

本当にデッキ戦略の幅は広く、自分だけのスタイルを模索できるうえ、プレイヤー同士で競える「コロシアム」まであるから燃えますよね。今後はPVPも盛り上がって行くと思うので、筆者も初陣の悔しさ(洗礼)を晴らしたいです。

魅力的なメギドと3Dアニメーション、独自性に富む戦術バトル、王道ストーリー。カードゲームやボードゲームが好きな人に自信をもっておススメできるのがこの『メギド72』です。この記事を読んだ未プレイの方は、ぜひ騙されたと思ってDLしてプレイしてみてください!

『メギド72』は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(c) DeNA Co., Ltd.
《乃木章》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  2. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種がさらに拡張!Xperia XZなどが新たに対応

    『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種がさらに拡張!Xperia XZなどが新たに対応

  3. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  4. 『PUBG MOBILE』の『バイオハザード RE:2』コラボ実装日が2月19日に決定!

  5. 『ポケモンGO』ポケモン交換とギフト、フレンド機能の利用条件が緩和―低レベルトレーナーでも使用可能に

  6. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

  7. Android版『Stardew Valley』事前予約スタートーいつでもスマホで農場スローライフ

  8. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  9. 恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』のモバイル版ローンチ日が決定!

  10. 『The Elder Scrolls: Blades』iOSだけのクローズドベータ実施が海外向け発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top