米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上

米国の市場調査会社NPDは、米国内でのビデオゲームへの消費者支出額が、2018年第3四半期(7~9月)において約91億ドルに達したことを報告しました。

ニュース ゲーム業界
米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上
  • 米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上
米国の市場調査会社NPDは、米国内でのビデオゲームへの消費者支出額が、2018年第3四半期(7~9月)において約91億ドルに達したことを報告しました。

NPDによれば、売り上げに最も大きな影響を与えたタイトルは、『キャンディークラッシュ』『フォートナイト』『Madden NFL 19』『Marvel's Spider-Man』『NBA 2K19』の5タイトル。日本円で1兆円を超える今回の数字は、2017年度第3四半期と比べて24%増加しています。

ハードの売上高は、PS4/Xbox Oneと、任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン 」を中心に、前年同期比11%増の約7億4千万ドル。アクセサリーの売上高は、ヘッドセットやゲームカードの売上が過去最高を記録し、前年同期比44%増となっています。

これを受けてNPDのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は、「米国のビデオゲーム市場は、魅力的なゲームコンテンツで市場を拡大し、ハード、アクセサリー、ソフトウェアの支出を増加させています。『Marvel's Spider-Man』や『NBA 2K19』などの最新作、『フォートナイト』などのクロスプラットフォームタイトルが合わせて販売されているため、ホリデーショッピングシーズン終盤に入っても、この勢いが減速することはないでしょう」と述べています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

    『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 『BLUE PROTOCOL』圧倒的アニメ調グラフィックとド派手アクションを魅せる初PV公開!クローズドαに読者500名をご招待

    『BLUE PROTOCOL』圧倒的アニメ調グラフィックとド派手アクションを魅せる初PV公開!クローズドαに読者500名をご招待

  4. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  5. オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

  6. 韓国産音ゲーシリーズ新作『DJMAX RESPECT V』のSteam早期アクセスが12月19日に開始!

  7. Naughty Dog共同プレジデントがPSハードを振り返る…PS5では「ゲームに飛び込むために待つ必要がなくなるだろう」―海外報道【UPDATE】

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  10. 冷淡なディストピアADV『Mosaic』PC/海外PS4向けに発表、赤ちゃんホラー『Among the Sleep』開発元の新作!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top