ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

本記事では、筆者が気づいた『スマブラSP』のプレイにおける「GCコン」と「Joy-Con」の違いを解説します。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?
  • ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

12月7日より発売開始され、絶賛人気沸騰中の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。既にひたすら遊びまくっている!という方も多いのではないでしょうか。

何を隠そう、実は筆者もそんなゲーマーの1人です。『DX』時代から『スマブラ』をプレイしまくっているため、今作も屋内屋外問わず日夜遊び倒しています。ただ、このような状況、環境でプレイしていると、1つだけどうしても気になることがあります。

それはズバリ、「コントローラー」の違い。『DX』以降、ずっと「ゲームキューブコントローラ(以下、GCコン)」で乱闘を続けて来た筆者にとって、初めて体験するGCコン以外での乱闘は操作感が非常に異なり、今まで出来たことが出来なかったり、逆に今までやり辛いと思っていたことを簡単に出来て戸惑うことが多々ありました。

そこで本記事では、そんな筆者が気づいた『スマブラSP』のプレイにおける「GCコン」と「Joy-Con」の違いを解説します。なお、プレイにあたって使用しているGCコンは記事執筆現在で発売されている「スマブラブラック」ではなく、ゲームキューブ発売当時に購入した筆者の私物であること、操作は全てデフォルトの設定に基づいていることにご注意ください。

1.スティック感の違いに注目



まず、両コントローラーの最も大きな違いとして、スティックを動かす際の操作感の差が挙げられます。具体的には、GCコンのほうがメインで使用するスティックの可動域が大きく、逆にJoy-Conはどのモードでも可動域が小さいという点です。

これにより、GCコンのほうがハーフ入力や思いっきり弾く動作がしやすく、強攻撃やスマッシュを使いやすいという利点があるように感じられました。また、GCコンにはスティック押し込みが存在しないため、Joy-Con横持ち時に発生する「白熱しすぎるあまりスティックを押し込んでしまい、間違ってアピールをしてしまう」などの誤操作が少なくなると感じました。ただ、スティック自体はJoy-コンのほうが概ね滑らかに動くため、操作の仕方次第ではJoy-Conのほうが上手く動けるかもしれません。

2.L/Rのトリガー感



続いて挙げられるのは、「L/Rボタンのトリガー感の違い」。Joy-ConのL/Rボタンは比較的軽く触るだけで押せる緩めのトリガー感になっています。対するGCコンのL/Rボタンは、ある程度しっかり押し込まなければ反応しない作りになっているため、筆者としては熱中しているときに誤ってボタンを押してしまうことが減ると感じました。

また、Joy-Conはそれぞれのボタンの間隔がかなり近く、かつどれもサイズが小さめなため、手の大きさや力の入れ方によってはつかみとシールドを間違って押してしまうことも多いかもしれません。ただし、押し心地自体はJoy-Conのほうが軽く、それでいてクリック感もしっかりしているため、プレイスタイルによってはJoy-Conの方が適している可能性もあるでしょう。

次のページ:グリップ感の違いや、GCコンならではの問題にも注目
《吉河卓人》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 宇宙忍者ARPG『Warframe』各機種アカウントの統一を将来の予定として示唆―新フレーム情報なども

    宇宙忍者ARPG『Warframe』各機種アカウントの統一を将来の予定として示唆―新フレーム情報なども

  2. PS VR向けFPS『Firewall Zero Hour』週末無料プレイ開催!最大50%オフセールやアイテム無料配布も

    PS VR向けFPS『Firewall Zero Hour』週末無料プレイ開催!最大50%オフセールやアイテム無料配布も

  3. 『Fallout 76』次回パッチの一部内容が公開!初の大型コンテンツは今後数週間内に実装予定【UPDATE】

    『Fallout 76』次回パッチの一部内容が公開!初の大型コンテンツは今後数週間内に実装予定【UPDATE】

  4. 『キングダム ハーツIII』発売まで秒読み!新要素をまとめておさらいしよう

  5. ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

  6. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. 【吉田輝和の絵日記】見下ろし型ARPG『シャドー:アウェイクニング』魂を吸収して仲間を増やせ!

  8. 『バトルフィールド V』チャプター2:「電撃の洗礼」近日公開!Co-opやバトロワも紹介

  9. 『ディビジョン2』ダークゾーンの国内向け詳細情報が新トレイラーと共に公開!

  10. 『CoD:BO4』「BLACKOUT」無料トライアルが全機種で開始!PC版の期間限定セールも

アクセスランキングをもっと見る

page top