Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに

XboxとWindows PC上で利用可能なMicrosoftによるオンラインサービス「Xbox Live」が、ニンテンドースイッチやiOS/Android向けのゲームへと対応する計画があることが明らかとなりました。

家庭用ゲーム Xbox One
Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに
  • Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに
  • Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに

XboxとWindows PC上で利用可能なMicrosoftによるオンラインサービス「Xbox Live」が、ニンテンドースイッチやiOS/Android向けのゲームへと対応する計画があることが明らかとなりました。

「Xbox Live」はXboxとWindows PC向けにMicrosoftにより開発・運営されているオンラインサービスです。ソーシャルコミュニティ機能を備え、オンラインマルチプレイに対応。初代Xbox発売後の2002年より開始され、2005年末には今日まで繋がるソーシャル機能の実装が行われました。

この度、アメリカにおいて3月より開始される、世界のゲーム開発者を中心とした会議「GDC2019」でのMicrosoftの予定議題として、4億台のゲーム端末と6,800万人のアクティブプレイヤー、および20億を超える端末に拡大し続けるとされる「Xbox Live」を新たにスイッチ、iOS/Androidに対応させる計画が明らかとなりました。

これにより実績、フレンドリスト、ソーシャルクラブの利用がプラットフォームの垣根を越えて利用可能となり、マルチプラットフォーム対応のゲーム開発の負担を減らすとされています。また、Microsoft傘下のゲームの立ち上げを支援するPlayfabのサービスとの組み合わせにより、これは更に顕著となるとしています。GDCではスイッチ、iOS/Androidに対応した開発キットの初披露が行われる予定とのこと。

なお、これらの詳細は記事執筆時には確認できたものの、記事公開時点ではページ上から削除されています。

2017年5月公開の「Xbox Live: For When It Really Matters」

2015年1月公開の「Xbox on Windows 10 Presentation」
《technocchi》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

    【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  3. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

    『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  4. 様々な進化を遂げた『ドラクエXI S』本日9月27日発売!シリーズ原点「ロト伝説三部作」もスイッチにて配信開始

  5. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  6. コミカルで可愛らしい3Dアクションゲーム『A Hat in Time』ニンテンドースイッチ版が配信開始!

  7. 『FE 風花雪月』追加コンテンツ第2弾配信開始!同時配信のVer.1.0.2無料アップデートでは「ルナティックモード」等が追加

  8. 『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応

  9. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  10. スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top