『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

『Fallout 76』にて、プレイ時間900時間以上の、あるコアプレイヤーが突如BANされるという事態が発生したと海外メディアが報じました。

家庭用ゲーム PS4
『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?
  • 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?
  • 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?
Fallout 76』にて、プレイ時間が900時間以上におよぶ、あるコアプレイヤーが突如BANされるという事態が発生したと海外メディアが報じました。

PC Gamerが報じるところによれば、今回BAN措置を受けたのはRedditユーザーのGlorf12氏。ある日、同氏は、ゲームからBANされた後、カスタマーサービスから1通のメールを受け取ったとしています。そのメールの内容は氏がウルトラサイト弾薬(通常とは異なる弾薬で基本的に貴重な素材からクラフトで入手する)を14万発以上、サブアカウントでは22万発以上という非常に困難な数、更に他の弾薬も大量に保持しており、短期間で膨大なレアアイテムを入手したことがゲームの悪用に当たるとするものでした。

氏は、ゲームに用意されたパークを通常利用し大量の弾薬を持ったことはあるものの、決して指摘を受けたような膨大な弾薬を一度に保持したことはないと主張。武器を決める時に弾薬の移動を2キャラ間で行ったことなどが誤認識された可能性について触れました。

なお、メールでは「将来、悪用された問題が修正された後にBANが解除される」とされていますが、現時点では氏のBANは解除されていないとのこと。果たしてBANの真相が明かされることはあるのでしょうか。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

    『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  2. 『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

    『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

  3. PS3向けシステムソフトウェアアップデート「4.91」が配信―動作の安定性改善を目的とした1年ぶりの更新

    PS3向けシステムソフトウェアアップデート「4.91」が配信―動作の安定性改善を目的とした1年ぶりの更新

  4. 『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

  5. 大好評のポーカーローグライク『Balatro』突然のレーティング変更で一部の海外ストアで販売停止に

  6. 『Rise of the Ronin』武器・流派紹介の8映像公開―組合せで戦闘スタイルや敵との相性も変化!

  7. 本格タクティクスRPG『ゴブリンスレイヤー -ANOTHER ADVENTURER- NIGHTMARE FEAST』リリースー短期間キャンペーンも開催

  8. 『FF7リバース』クラウドの声は櫻井孝宏さん続投か?新映像の“聞きなれたボイス”にファン安堵

  9. 『FF7 リバース』のカードゲーム「クイーンズ・ブラッド」をスルーなんてもったいない! 陣地の奪い合いとヒリつく戦略で、本編が疎かになる面白さ

  10. スポンジ・ボブも参戦するスマブラ風アクション『Nickelodeon All-Star Brawl』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top