『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

ユービーアイソフトは、『レインボーシックス シージ』のフレンドリーファイア、およびチームキルについての新システムを実装予定であることを発表しました。

家庭用ゲーム PS4
『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン
  • 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン
  • 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン
ユービーアイソフトは、『レインボーシックス シージ』のフレンドリーファイヤー、およびチームキルに対策する新システムを実装予定であることを発表しました。

開発者ブログの解説によれば、実装予定であるシステムは「チーム認定のチームキル」、「リバースフレンドリーファイヤー」の2つ。

「チーム認定のチームキル」では、チームキルされたプレイヤーがキルカメラを確認中、その行為が故意であったかどうかを認定することになります。「故意であった」と認定した場合、後述の「リバースフレンドリーファイヤー」が有効となるとのこと。認定を放棄した場合も有効になりますが、唯一「故意ではなかった」と認定した場合のみ無効となります。なお、繰り返し違反行為が認められた場合は、制裁措置を取る場合があるということです。

「リバースフレンドリーファイヤー」は、チームキル認定を受けたプレイヤー(加害者)が仲間や人質に攻撃した際、ダメージが反射し、加害者がそのダメージを負うペナルティ。ガジェットによる加害の場合、ダメージはガジェットに反射します。これは以前紹介されていたものと近い内容ですが、発動条件がより明確になっています。

本機能は本実装前にテストサーバーでフィードバックを収集するとのこと。その他の詳細については開発者ブログをご確認ください。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

    【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応

    『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応

  4. コミカルで可愛らしい3Dアクションゲーム『A Hat in Time』ニンテンドースイッチ版が配信開始!

  5. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  6. スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

  7. 様々な進化を遂げた『ドラクエXI S』本日9月27日発売!シリーズ原点「ロト伝説三部作」もスイッチにて配信開始

  8. ゲームで楽しくフィットネス!任天堂の新たな健康サポートゲーム『リングフィットアドベンチャー』本日10月18日発売

  9. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top