2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!

Wargaming.netは、基本無料のオンライン戦車バトルゲーム『World of Tanks』で2011年にリリースされた「アップデート0.7.0」を再体験できるスペシャルイベント「World of Tanksクラシック」を開催しました。

ゲーム文化 イベント
2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!
  • 2011年版『World of Tanks』を再体験できる特別イベント「World of Tanksクラシック」開催!

Wargaming.netは、基本無料のオンライン戦車バトルゲーム『World of Tanks』で2011年にリリースされた「アップデート0.7.0」を再体験できるスペシャルイベント「World of Tanksクラシック」を開催しました。古き良き時代が帰ってくる本イベントでは次のような特徴を備えています。

アップデート0.7.0の特徴


2011年から8年が経ち、ゲームシステムが大幅に変わった今もWorld of Tanksの面影はそのままです。しかしゲームプレイは全くの別物です。

アップデート0.7.0では:
  • 別サーバーと別クライアント
  • 国家はソ連、ドイツ、アメリカの3つのみ。この時代の伝説の車輌といえば「Type 59」です。この頃はまだフランスやスウェーデンの自動装填装置搭載車輌は存在しません。国家ごとに搭乗員が4セット、研究可能なスキルが3つ(消火能力、修理、カモフラージュ)。「Type 59」には各職能ごとに搭乗員が1名でした。




  • ゲームプレイ
    World of Tanksクラシックには、第六感がありません。また自走砲はスタン能力はなく、軽戦車は履帯式のみです。
  • 「古き良き時代」のゲームシステム
    橋や崖から身を乗り出しても、転げ落ちることはありません。転倒することも地面から離れることもありません。「E 100」小隊でも大破した車輌を動かすことはできません。
  • チャット
    戦闘中は敵プレイヤーと自由にコミュニケーションを取ることができます。お互いに気持ちよくプレーする為にチャットマナーを守りましょう。
  • ゲーム内通貨
    World of Tanksクラシックでは、上位Tier車輛の研究が今よりもずっと早く進みます。また、プレミアム車輌、迷彩、拡張パーツの費用も、時代設定に合わせてます。
    ご注意: World of Tanksクラシックでご購入いただいたものを、現バージョンのWorld of Tanksに移行することはできませんのでご注意ください。
  • 特別砲弾はゴールドのみで購入可能です。クレジットでは購入できません。

ご注意:
本イベント期間中は、World of Tanksクラシックモード用のゴールド、クレジット、フリーEXPが付与されます。ただし、これらを現バージョンのWorld of Tanksに移行することはできません。また、World of Tanksクラシックに日本語は実装されておりません。ご不便をお掛けいたしますが、予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

YouTube機能による日本語字幕あり

歴戦の老兵はあの頃を思い出し、新兵はゲームの進化を実体験できるスペシャルイベント「World of Tanksクラシック」。専用クライアントはWargamingのランチャーGame Center(公式紹介記事後半にリンクが掲載)からダウンロード・インストールが可能です。参加者には記念として銘刻、徽章、特別スタイルが提供されるとのことです。




《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. カオス過ぎるRPG続編『Hylics 2』最新映像! アクションパートを披露

    カオス過ぎるRPG続編『Hylics 2』最新映像! アクションパートを披露

  2. 「ガイルくん」よ永遠に……Youtuber

    「ガイルくん」よ永遠に……Youtuber"Etika"を偲ぶウォールアートが『Pokemon GO』のポケストップとして登録される

  3. ヴィクトリア朝ロンドンが舞台のビジネス&デートシム『Max Gentlemen Sexy Business!』配信開始

    ヴィクトリア朝ロンドンが舞台のビジネス&デートシム『Max Gentlemen Sexy Business!』配信開始

  4. NHK「全ファイナルファンタジー大投票」キャラクター部門の76位~198位が公開!キマリ、バレット、スノウ等の名も

  5. EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

  6. CD Projekt REDがゲームイベント「PAX East」への参加キャンセルを発表―『サイバーパンク2077』の展示もなし

  7. アナログゲームイベント「ゲームマーケット2020大阪」が開催中止に―新型コロナウイルス対策による政府要請を受けて

  8. 半裸エプロンのおっさんがアチアチスープをぶっかけ合う『RAWMEN』最新トレイラー!

  9. 故人の霊魂を世話する船頭マネジメントゲーム『Spiritfarer』初ゲームプレイティーザー!

  10. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

アクセスランキングをもっと見る

page top