中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

海外アナリスト企業Niko Partnersは、中国にて先日実施された、新たなゲーム審査機関State Administration of Press and Publicationsの会議において、中国ゲーム審査のプロセスの一部変更と、表現規制内容の明示化が行われたことを発表しました。

ニュース ゲーム業界
中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化
  • 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化
  • 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化
海外アナリスト企業Niko Partnersは、中国にて先日実施された、新たなゲーム審査機関State Administration of Press and Publicationsの会議において、中国ゲーム審査のプロセスの一部変更と、表現規制内容の明示化が行われたことを明らかにしました。

今回発表された内容は複数項目に及び、昨年の一時審査停止時期のタイトルだけでなく、今後は2019年4月22日以降の提出分についても並行して審査を行います。加えてライセンスの総量の管理を行い、低品質なコピーゲームや賭博テーマのゲーム、不道徳であったりわいせつなコンテンツも承認対象外になるとのことです。Niko Partnersの調べによれば、2017年の承認ゲームのうち37%ほどがポーカーゲームと麻雀ゲームであったとしています。

また、今後はミニゲームやHTML5のゲームも承認を必要とする他、すべてのモバイルゲームにゲーム中毒防止策の実施が求められていきます。そして、今後承認プロセスをより高速化するために、より明示的なコンテンツ規制ガイドラインを公開することも発表されました。

「オンラインゲームにオフラインコンテンツを含む場合の内容の表示・説明」、「死体や血溜まりの描写の禁止(色変えも不可)」、「モバイルゲーム審査の際のソフトインストール済みスマホの提出の廃止」、「禁止単語リストの紙書類提出の廃止」などが合わせてガイドラインとして明らかにされています。また、伝統文化を促進するゲームや中国の社会的価値観を念頭に置いたタイトルの奨励や、ゲームに歴史、政治、法律に関する正しい情報が含まれていることを確認することも推奨するとのことです。

なお、中国におけるゲーム審査に係る内容として、近年には『レインボーシックス シージ』が一時、「アジア圏での展開のため」としてゲーム表現の変更を実施し、その後多くの議論を経て、元の内容へと再修正したことがありました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. オーストラリア舞台のオープンワールドレース『Forza Horizon 3』DL販売が9月27日終了へ―本編が1,033円となる最終セール実施中

    オーストラリア舞台のオープンワールドレース『Forza Horizon 3』DL販売が9月27日終了へ―本編が1,033円となる最終セール実施中

  2. 『GTAオンライン』新イベント「ロスサントス・サマースペシャル」はじまる―期間限定の報酬も発表

    『GTAオンライン』新イベント「ロスサントス・サマースペシャル」はじまる―期間限定の報酬も発表

  3. 人気バス運転シム最新作『Bus Simulator 21』発表! 次世代コンソール対応も検討中

    人気バス運転シム最新作『Bus Simulator 21』発表! 次世代コンソール対応も検討中

  4. 『CoD』新作にまつわるクレートの謎が明らかに―現地時間8月14日12時より何らかの発表か

  5. セガ、さらなる『ペルソナ』PC移植に意欲「今後の新作も最初からPC版を用意していきたい」

  6. 「残念ではあるが後悔はない」フィル・スペンサー氏がストリーミングサービス「Mixer」終了についてコメント

  7. NinjaやShroud引き抜きの成果不足や技術面の問題も―7月サービス終了の「Mixer」従業員が内情を告白

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『ストリートファイター』プロデューサー小野義徳氏が今夏カプコンを退社

  10. 本格F1レース『F1 2018』SteamキーがHumble Bundleで期間限定無料配布!―日本語対応

アクセスランキングをもっと見る

page top