海外レビューひとまとめ『Days Gone』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューひとまとめ『Days Gone』

PS4を対象に4月26日発売の『Days Gone』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューひとまとめ『Days Gone』
  • 海外レビューひとまとめ『Days Gone』
  • 海外レビューひとまとめ『Days Gone』
  • 海外レビューひとまとめ『Days Gone』

PlayStation LifeStyle: 90/100
『Days Gone』はすべての有名なPS独占タイトルをチェックしながらも、どれとも競合しているように感じられない。ゲーム、映画、テレビドラマといった簡単に比較できるものがあるにも関わらず、『Days Gone』はそれ自身の独特なアイデンティティを持っている。プレイすればするほど好きになるのだ。長い旅の終わりには、冒険が終わって欲しくないとも思ってしまう。サム・ウィットワーはディーコン・セントジョンを素晴らしく演じているし、彼のバイクを通した死の世界におけるサバイバル、人間性、そして自分探しの旅は、必ず体験すべき素晴らしい思い出となる。

Wccftech: 84/100
Meristation: 80/100
Hardcore Gamer: 80/100
平静さと危険を併せ持つ大地に伸びる曲がりくねった道のように、『Days Gone』は曲がりくねった感情が溢れる旅だ。他のオープンワールドゲームから多くの要素を受け継いでいるものの、Bend Studiosはそれらを上手く混ぜ合わせ、ただそれらの要素を足しただけではない、それ以上のものを作り上げた。

COGconnected: 80/100
Game Informer: 78/100
USgamer: 70/100
ゾンビアポカリプスというものは使い古されており、オープンワールドという点でしか個性を出せていない。ストーリーはしっかりしているが、ディーコン・セントジョンはその重みを上手く扱えていない。ハイライトや楽しい道具はあるが、ゲームは当初それらを前面に出すことなく、プレイヤーはまず退屈さと戦わなくてはならない。『Days Gone』は、より良い何かのための素晴らしい土台ではあるので、Bendがこの上により良いものを作り上げて欲しいと思う。

IGN: 65/100
TheSixthAxis: 60/100
Slant Magazine: 30/100
本作は予算の大きいタイトルに期待するクオリティのベースラインには届いている。しかし退屈で空っぽな体験だ。




PS4を対象に4月26日発売の『Days Gone』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、72点(総レビュー数58件)をマークしています。

『Days Gone』は、人間の社会崩壊後を舞台としたサバイバルアクション。フリーカーと呼ばれる感染者たちが蔓延るオープンワールドの世界で、最愛の妻を失ったディーコン・セントジョンは、バイクを相棒に、襲い来る様々な脅威から生き延びます。メディアレビューでは、ポストアポカリプス&オープンワールド&バイク、という独自の舞台設定と重厚なストーリーが高く評価。しかし一部のメディアからは「退屈」と感じられる部分があることが指摘されています。



『Days Gone』は、PS4を対象に4月26日発売です。プレイレポートも掲載しているので、本作が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top