倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ニュース ゲーム業界
倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施
  • 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施
  • 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ロイター通信によれば『PUBG Mobile』は中国ではテスト終了。“反テロをテーマにした新作”『Game for Peace』としてリブートされたとしています。テンセントは「我が国の空域を守る青い空の戦士たちに敬意を表す」ことに着想を得たタクティカルシューターであると同作を説明。両作の外見はほぼ一致しているほか、ユーザーから『PUBG Mobile』のデータが『Game for Peace』に引き継がれていることも報告されていますが、テンセントによれば両者は「全く別のジャンルである」ということです。

なお、『Game for Peace』での大きな変化として一切の流血描写の削除、また戦闘でやられた敵は死体にならず、なんと挨拶をして消えるというユニークな表現規制が挙げられます。同作のプレイを収めたユーザー映像でもその様子をチェックすることが可能です。このような変化には先日中国で新たに告知されたゲーム規制の影響が強いことも伺えるところでしょう。もしかすると今後の様々なタイトルの中国語版においても、このような大きな一部表現の変化が見られるのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『LoL』のライアットゲームズが新作FPS「Project A」を開発中!【LoL10周年感謝祭】

    『LoL』のライアットゲームズが新作FPS「Project A」を開発中!【LoL10周年感謝祭】

  2. CS・スマホ向け『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』が発表!【LoL10周年感謝祭】

    CS・スマホ向け『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』が発表!【LoL10周年感謝祭】

  3. リズムゲーム『Avicii Invector』発表―EDMアーティストAviciiの25の楽曲を収録

    リズムゲーム『Avicii Invector』発表―EDMアーティストAviciiの25の楽曲を収録

  4. 『シティーズ:スカイライン』でまちづくり―愛知県高浜市が未来の姿を創造するコンテストを実施!

  5. サイバーノワール探偵ADV『Chinatown Detective Agency』発表! 元インターポールの私立探偵描く

  6. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  7. 『STEINS;GATE』本日15日で10周年!志倉千代丸氏や声優の宮野真守さんを始め、関係者からの記念コメントが多数到着

  8. 『GRANDIA HD Collection』日本展開は"後日発表"―PC版の日本語字幕はアップデート対応に

  9. 『Dead Space』のアイザックがゴルフやスケボーに参戦した理由が明らかに! 元開発者が舞台裏語る

  10. 『リーグ・オブ・レジェンド』開発元のRiot Gamesが新作格闘ゲームを開発中!

アクセスランキングをもっと見る

page top