倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ニュース ゲーム業界
倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施
  • 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施
  • 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ロイター通信によれば『PUBG Mobile』は中国ではテスト終了。“反テロをテーマにした新作”『Game for Peace』としてリブートされたとしています。テンセントは「我が国の空域を守る青い空の戦士たちに敬意を表す」ことに着想を得たタクティカルシューターであると同作を説明。両作の外見はほぼ一致しているほか、ユーザーから『PUBG Mobile』のデータが『Game for Peace』に引き継がれていることも報告されていますが、テンセントによれば両者は「全く別のジャンルである」ということです。

なお、『Game for Peace』での大きな変化として一切の流血描写の削除、また戦闘でやられた敵は死体にならず、なんと挨拶をして消えるというユニークな表現規制が挙げられます。同作のプレイを収めたユーザー映像でもその様子をチェックすることが可能です。このような変化には先日中国で新たに告知されたゲーム規制の影響が強いことも伺えるところでしょう。もしかすると今後の様々なタイトルの中国語版においても、このような大きな一部表現の変化が見られるのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

    アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  2. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  3. 近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

    近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

  4. リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

  5. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  6. ARゲーム『Minecraft Earth』がモバイル向けに発表!現実世界でみんなとマインクラフト

  7. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  8. 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

  9. プログラミングを楽しめるスイッチ用『プチコン4 SmileBASIC』5月23日発売決定!「初心者ガイド」も新たに追加

  10. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

アクセスランキングをもっと見る

1
page top