ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ

Dark Blue Gamesは、ローグライトアクションRPG『Infected Shelter』のSteam早期アクセスを開始し、併せて新しいトレイラーを公開しました。

PC Windows
ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

Dark Blue Gamesは、ローグライトアクションRPG『Infected Shelter』のSteam早期アクセスを開始し、併せて新しいトレイラーを公開しました。

本作はポストアポカリプス世界を舞台にしたローグライトアクションRPG。『Mortal Kombat』と『Dead Cells』と『キャッスルクラッシャーズ』を足したようなゲームであるとされており、ランダム生成されるマップ上の敵を倒しながら進み、設計図の入手による武器や衣服のアンロックでキャラクターを強化していきます。

早期アクセスである記事執筆時点ではプレイアブルキャラクターは2人で、屋内外合わせて154のエリア、150の設計図、48のキャラクター特性などが用意されています。また、シングルプレイヤーキャンペーンの他に最大4人でのローカルマルチプレイが可能です。

早期アクセス期間は6カ月の予定で、正式リリースではボスや敵、武器、衣服、スキル、アイテムをさらに増やすとのこと。また正式版に向けてクオリティアップとバランス調整をしていくと共に、英語以外への言語対応も予定しているとのことです。




『Infected Shelter』は日本語には未対応で、PC向けにSteamにて999円(2019年5月16日までは899円)で早期アクセスを実施中です。
《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クレイトス親子の物語がついにPCでも!『ゴッド・オブ・ウォー』2022年1月14日発売へ―DLSSや4K、ウルトラワイドにも対応

    クレイトス親子の物語がついにPCでも!『ゴッド・オブ・ウォー』2022年1月14日発売へ―DLSSや4K、ウルトラワイドにも対応

  2. 『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』次世代機版が2022年第1~第2四半期に延期へ

    『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』次世代機版が2022年第1~第2四半期に延期へ

  3. ひっそりと『Half-Life 2』で行われた大規模アップデート実施の目的は?

    ひっそりと『Half-Life 2』で行われた大規模アップデート実施の目的は?

  4. ダイスと魔法の戦略性!デッキ構築型ローグライク『Astrea: Six-Sided Oracles』Steamストアページ公開

  5. 新作アクションADV『Marvel's Guardians of the Galaxy』PC版の容量が150GBから80GBに変更へ

  6. 日本語フルボイス!ツンデレADV『保健室で会ったツンデレ後輩は俺の彼女になるわけがない』Steamストアページ公開

  7. ターン制ファンタジーストラテジー『Spire of Sorcery』早期アクセスが10月22日に開始

  8. Steam版『KOF '98 UM FE』ロールバック式導入ベータテスト開始!ロビー機能のアップデートについても言及

  9. 新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

  10. ゾンビに感染した母親が息子に生き残る術を教える『UNDYING』早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top