『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

ユービーアイソフトは、オンラインRPG『ディビジョン2』に実装された8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」が、マッチメイク機能に非対応である理由についての説明を国内向けに公開しました。

ニュース 発表
『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明
  • 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明
  • 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

ユービーアイソフトは、オンラインRPG『ディビジョン2』に実装された8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」が、マッチメイク機能に非対応である理由についての説明を国内向けに公開しました。

開発チームのクリス・ガンスラー氏によると、本レイドは『ディビジョン2』史上最も難しく、エージェント間のコミュニケーションや臨機応変な対応が必要であり、火力だけで勝てるものではないと説明。協力して戦略を立て戦いに挑むことのできるチームを想定した難易度であるため、マッチメイク機能を搭載しなかったと語りました。

また、今後もユーザーからのフィードバックに耳を傾け、チーム内でも議論を重ねていくとしつつも、現時点ではマッチメイク機能を搭載することは、長い目で見て得策にならないと考えていることを明らかにしています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

    『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  6. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  9. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  10. 『FFXIV』新拡張「漆黒のヴィランズ」7月2日発売決定!新ジョブ「ガンブレイカー」やヴィエラ族、ダンジョンなどが追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top