任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続

任天堂は、株式会社マリカー(現商号:株式会社MARIモビリティ開発)およびその代表取締役に対して提起した訴訟に関する中間判決の内容を、このたび報告しました。

ニュース ゲーム業界
任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続
  • 任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続

任天堂は、株式会社マリカー(現商号:株式会社MARIモビリティ開発)およびその代表取締役に対して提起した訴訟に関する中間判決の内容を、このたび報告しました。

今回、「公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する知財高裁判決(中間判決)について」と題する報告を、公式サイトに掲載。同社の「マリオカート」という標章(「MARIO KART」表記含む)が国内外で広く知られており、株式会社マリカーの「マリカー」、「maricar」といった表示が不正競争行為に該当すると認められました。

また、「マリオ」等のキャラクターの表現物も同社の商品等表示として知られていることも認められ、株式会社マリカーが「マリオ」等のキャラクターのコスチュームを貸与する行為などについても、不正競争行為に該当するとのこと。

今後は、この中間判決を前提とした知的財産高等裁判所での審理にて、侵害行為によって生じた損害の金額などの審理が継続されます。

■公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する知財高裁判決(中間判決)について
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2019/190530.html


【関連記事】
任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴
任天堂から訴訟された「マリカー」から声明
「公道マリオカート」に関する東京地裁判決を任天堂が公開―キャラクターコスチューム貸与禁止などが下される
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 台湾産の現代アニメ風爽快ACT『Dusk Diver 酉閃町』プレイレポ!台湾探索と爽快アクションが絶妙【TGS2019】

    台湾産の現代アニメ風爽快ACT『Dusk Diver 酉閃町』プレイレポ!台湾探索と爽快アクションが絶妙【TGS2019】

  2. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

    「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  3. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

    『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  4. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  5. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  6. 『Don't Starve』開発元の新作アツアツパルクールACT『Hot Lava』9月19日にリリース―床は溶岩!踏んだらアウト!

  7. Discord、「Nitro」におけるゲームサブスクリプションサービスを10月15日で終了

  8. お金を払えばデリバリーヘルプが呼べる『龍が如く7 光と闇の行方』2日目ステージレポート【TGS2019】

  9. あの人気ホラーがARゲームに!『Five Nights at Freddy's AR: Special Delivery』発表

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

アクセスランキングをもっと見る

page top