インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」閉幕―前年比約1.6倍の来場者、次回開催日は2020年5月9~10日 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」閉幕―前年比約1.6倍の来場者、次回開催日は2020年5月9~10日

日本インディペンデント・ゲーム協会は、2019年6月1日から2日にかけて実施されたインディーゲーム展示イベント「BitSummit 7 Spirits」について、最終的な来場者数とアワード受賞者一覧、来年の開催日を発表しました。

ゲーム文化 イベント
インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」閉幕―前年比約1.6倍の来場者、次回開催日は2020年5月9~10日
  • インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」閉幕―前年比約1.6倍の来場者、次回開催日は2020年5月9~10日
  • インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」閉幕―前年比約1.6倍の来場者、次回開催日は2020年5月9~10日

日本インディペンデント・ゲーム協会は、2019年6月1日から2日にかけて実施されたインディーゲーム展示イベント「BitSummit 7 Spirits」について、最終的な来場者数とアワード受賞者一覧、来年の開催日を発表しました。

今年は一般公募202作品から選ばれた102作品に加え、30社を超えるスポンサーやパートナー、並びに20社を超えるインディーパブリッシャーが展示を行った同イベント。来場者数は前年比約1.6倍の17,038人(土:9,301人、日:7,737人)を記録したとのこと。会場には家族連れやカップルの来場者も目立っていました。


また、2日目に行われた授賞式で発表されたアワード受賞作品は以下の通りです。

◆朱色賞 <大賞>
BitSummit 7 Spiritsの中でもっとも優秀な作品に贈られる賞
RPGタイム!~ライトの伝説~ by DESKWORKS

◆インターナショナルアワード賞
海外からの作品の中で優秀な作品に贈られる賞
Morkredd by Hyper Games


◆革新的反骨心賞
技術、アイデアなど革新的な作品に贈られる賞
Symbio by Team Symbio


◆ゲーム・デザイン最優秀賞
優秀なゲームデザインの作品に贈られる賞
The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 - by 株式会社White Owls


◆ビジュアルデザイン最優秀賞
優秀なビジュアルの作品に贈られる賞
39 Days to Mars by It's Anecdotal


◆オーディオ・デザイン最優秀賞
優秀なサウンドの作品に贈られる賞
NO STRAIGHT ROADS(ノー・ストレート・ロード) by METRONOMIK


◆ポピュラーセレクション賞
イベント参加者からの投票でもっとも得票が多かった作品に贈られる賞
オバケイドロ! by フリースタイル


◆ゲームジャム 最優秀作品賞
ゲームジャム参加作品の中でもっともテーマ(混然一体)に沿った作品に贈られる賞
(DIS)APPEAR~きえる。きえない。~ by EYE-BROWS

◆メディアパートナー賞
各メディアパートナーから選ばれたタイトルに贈られる賞

・ファミ通.com賞
RPGタイム!~ライトの伝説~ by DESKWORKS

・電撃PlayStation賞
Wattam by Funomena

・Game*Spark賞
Phantom Brigade by Brace Yourself Games

・ガジェット通信賞
OUTRIDER MAKO ~露払いマコの見習帖~ by asamadogames

・IGN Japan賞
Firegirl by Dejima Games

・4Gamer.net賞
Star Renegades by Massive Damage

なお、次回第8回BitSummitは、2020年5月9日から10日までの開催予定であることがイベント最後に明かされました。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  2. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

    ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  3. 世界樹イグドラシルを育てる北欧神話ローグライクシティビルダー『Roots of Yggdrasil』9月正式リリース決定!

    世界樹イグドラシルを育てる北欧神話ローグライクシティビルダー『Roots of Yggdrasil』9月正式リリース決定!

  4. 小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

  5. あなたには、思わず「一目惚れ」したゲームキャラクターはいますか?

  6. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  7. 受賞歴が増えすぎるのも困りもの!?『バルダーズ・ゲート3』開発元CEO「次回作の開発に影響を及ぼしている」

  8. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  9. 中世RPG続編『キングダムカム・デリバランスII』前作クラファンの一部支援者には無料で提供へ

  10. 没入感重視でUIのないホラー『Shadow of Pharos』がPC向けに無料配信―夜中に目を覚まし不気味な家を探索する短編作品

アクセスランキングをもっと見る

page top