『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

海外では7月26日、国内では8月8日に発売予定となっている『Wolfenstein: Youngblood』および『Wolfenstein: Cyberpilot』ですが、Bethesda Softworksはシリーズで初めて無規制のインターナショナル版をドイツで発売することを発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定
  • 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定
  • 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

海外では7月26日、国内では8月8日に発売予定となっている『Wolfenstein: Youngblood』および『Wolfenstein: Cyberpilot』ですが、ベセスダ・ソフトワークスはシリーズで初めて無規制のインターナショナル版をドイツで発売することを海外発表しました。


ドイツにおいてはナチスの表現の取り扱いが厳しく、過去作ではテクスチャやセリフなどの変更が行われた他、インターナショナル版のSteam販売がブロックされていました(ギフトやキーの有効化も不可)。しかしながら同国の倫理審査機関USKの規制緩和により、今回はインターナショナル版の発売が可能になったということです。

『Wolfenstein: The New Order』での変更点(Eurogamerより)

前述のようにシリーズ初の無規制版ということで、今回の発表はドイツのファンにとって非常に嬉しいのではないでしょうか。ただ、リリースは常に最終的な製品に基づくケースバイケースでの決定となるため、ベセスダはインターナショナル版と並行して規制ありのドイツ版を開発しているとのことです(バイオレンス表現はインターナショナル版と同等)。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

    映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  2. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

    海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  3. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

    中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  4. Devolver Digitalが「任天堂版PlayStation」向けのゲーム移植チームを募集?果たして真相は

  5. 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応

  8. プレステ公式が提案するバレンタインデーのあり方―渡すチョコがPS4になる世界線

  9. 亡くした娘とVRで再会……ドキュメンタリーが韓国で公開に

  10. 熱い要望も……「Xbox アダプティブ コントローラー」の再販予定についてマイクロソフトに聞いてみた

アクセスランキングをもっと見る

page top