"スリープマスター"がゲーマーをコンディショニング!寝具メーカー・西川とプロゲーマーたちの座談会をレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

"スリープマスター"がゲーマーをコンディショニング!寝具メーカー・西川とプロゲーマーたちの座談会をレポート

しっかり眠って、冴えた頭でゲームを楽しむ。睡眠とゲームの関係は、一般ゲームファンも一度見直すべき要素かもしれません。だがしかし、今日のゲームは今日しかできぬ…(ダメな考え)

ゲーム文化 e-Sports
本日7月17日、吉本興業株式会社は、e-Sports業界への参入を発表した老舗寝具メーカー・西川株式会社とともに、自社所属e-Sports選手のコンディショニングを目的とした睡眠のサポートと、選手の意見を取り入れた新商品開発を行っていくと発表しました。本稿では、西川株式会社とよしもとゲーミングの選手たちが本発表に先立って行った、新商品開発を目的とした座談会のレポートをお届けします。

◆アスリートを支える老舗寝具メーカーがゲーム業界に!


寝具の西川といえばまず思い浮かぶのが、マットレスの「AiR」シリーズです。プロサッカーの三浦知良選手、プロ野球の大谷翔平選手など世界に名だたる一流選手たちが愛用しており、その睡眠をサポートしています。そんな同社には厳しい社内検定が設けられており、それに合格した者は"スリープマスター"を名乗れるのだそうです。

良質な睡眠とゲーマーのコンディショニングをテーマとした座談会は、ガーリィレコードのMCでスタート。よしもとゲーミング側の出演者は、RAIN選手、まちゃぼー選手、ジョビン選手、あっき~選手、西澤選手、ふうじ選手、ニコラス選手、小池選手の8名で、西川からも"スリープマスター"の1人である須藤健次朗氏をはじめとした社員たちが出演しました。須藤氏はまず、「睡眠は"夜、眠くなったから寝る"というものではありません。翌日に、朝からしっかり活力を出すために行うものなんです」と、睡眠のなんたるかを選手たちに説きます。

西川公式オンラインショップ「AiR」の商品ページより

「毎日、夜遅くまで練習をしているのでなかなか寝る時間が取れない(あっき~選手)」、「眠りにつくのが苦手で、毎晩なかなか寝たいと思えない(まちゃぼー選手)」と答えていた選手たちは目からウロコ。ただ1人、「これを言ったら(事務所から)怒られるんじゃないかというくらい、毎晩タップリ寝ている」というジョビン選手のみが「自分は睡眠の重要さが分かります!」と同調しました。

しかし、そんなジョビン選手も海外遠征する際には、飛行機の中でなかなか睡眠をうまく取れず困っているとのこと。それに対し須藤氏は「アスリートの遠征における戦いは、移動時から始まっています。プロのスポーツ選手の中には、愛用のマットレスやクッションを持っていく方も多い。自宅にいるときだけではなく、移動時もフォローするのが、コンディショニングをサポートするということだと思っています」と語り、「これからは(フィジカル)スポーツだけでなくe-Sportsもサポートさせていただきたいので、ぜひご意見をお聞かせください」と続けました。

選手たちからは「『パズドラ』の選手なので、自宅ではうつぶせに寝転がってプレイすることもある(あっき~選手)」、「大会の会場で用意されるイスはまちまち。自分は椅子の上でついあぐらをかいてしまうので、腰やお尻が痛くなりやすい(RAIN選手)」などさまざまな意見が挙げられ、須藤氏らは「e-Sports業界や選手間、プレイヤー間で流行っている色使いなどはあるのか、柄物でもルールに抵触したりはしないのか」など、選手たちの声に真摯に耳を傾けつつ、積極的なヒアリングを行いました。

写真左:自宅では寝そべって練習することもあるというあっき~選手にさまざまなマットレスやクッションを提案
写真右:椅子に西川の「[エアーポータブル]クッション」を置いてのエキシビジョンマッチも実施

そんな中、小池選手からは「毎日9時間ほど練習していますが、ずっとヘッドセットを付けっぱなしなので、腰などよりまず首が痛くなるんです」との相談が。対応策としてキャップの開閉で空気圧を調整できるネックピローが提示され、それを試用した小池選手は「このまま持って帰りたくなってしまうくらい、心地がいいですね。ゲーミング用のものがあればうれしいです」と笑顔を見せました。

座談会では、椅子に西川の「[エアーポータブル]クッション」を置いての『ストリートファイターV アーケードエディション』のエキシビジョンマッチも行われました。対戦をしたジョビン選手とまちゃぼー選手は「座り心地がよく、意識せずとも姿勢を自然と正せました。長時間使用してみたいです」、「いつも集中すると無意識に前かがみになってしまうけれど、今そうならずに済んだのはこのクッションのおかげかも」と、それぞれ好感触を示しました。

最後に須藤氏は「選手のみなさんの睡眠をサポートできる自信はありましたが、その前の段階でも、まだまだやれることがあるとわかりました。ぜひ、みなさんのパフォーマンスを上げるために協力をさせていただければと思います」と、今後の意気込みを力強く語りました。その後は、毎晩なかなか寝付けずに困っているというRAIN選手らが、日本睡眠科学研究所に移動して自分にピッタリ合ったマットレス作成のために測定にチャレンジしました。


マットレス作成のための測定に挑戦! 写真右上のモニターには、マットのどの部分にどれだけの圧力がかかっているか(体圧)が示されています

"ゲームに熱中するあまり、つい姿勢が悪くなってしまう"というのは、プロゲーマーだけではなく、我々一般のゲーム愛好家も直面しがちな問題です。老舗寝具メーカー・西川が今回のヒアリングから得た知見でどのような商品を開発してくれるのか、経過を見守ってみてはいかがでしょうか。日々のゲームライフをより快適なものにしてくれる商品の登場に期待しましょう。
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ライデン役は浅野忠信! 実写映画版『モータルコンバット』新作のさらなるキャスト情報が報告!

    ライデン役は浅野忠信! 実写映画版『モータルコンバット』新作のさらなるキャスト情報が報告!

  2. 初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる

    初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる

  3. 『スカイリム』で『オブリビオン』をリメイク「Skyblivion」Mod新トレイラー!開発状況も「完成が見えてきた」

    『スカイリム』で『オブリビオン』をリメイク「Skyblivion」Mod新トレイラー!開発状況も「完成が見えてきた」

  4. タイ産ロボカスタマイズアクションRPG『M.A.S.S. Builder』Kickstarterキャンペーン開始!【UPDATE】

  5. 時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害

  6. 『DOOM』実写映画「Doom: Annihilation」新ティーザー! 一人称視点のシーンもチラリ

  7. お前のハサミ強いじゃねえか…カニ格ゲー『カニノケンカ』itch.ioなどで早期アクセス開始

  8. 異世界シアトルで飲み物を提供する会話シム『Coffee Talk』発売時期決定! 最新版デモも近日配信

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top