Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など

カプコンは、Steam版『モンスターハンター:ワールド』にVer.6.1タイトルアップデートを配信し、そのパッチノートを公開しました。

PC Windows
Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など
  • Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など
  • Steam版『モンハン:ワールド』タイトルアップデートVer.6.1配信、DLSSへの対応など

カプコンは、Steam版『モンスターハンター:ワールド』にVer.6.1タイトルアップデートを配信し、そのパッチノートを公開しました。

今回のアップデートではNVIDIA DLSSへの対応や不具合の修正、グラフィック設定のプリセット数値変更などが実施されています。詳細は下記の通り。

【主な機能追加/仕様変更】


■NVIDIA DLSSに対応しました。
ディープラーニングとAIの力によって、視覚的な品質を維持しながらゲームのパフォーマンスを向上させることができます。
タイトルメニュー > Options > Display > NVIDIA DLSS から設定することができます。
※ご利用には、Windows 10搭載のシステムにNVIDIA GeForce RTXグラフィックスカードと最新のNVIDIA GeForce Game Ready Driverバージョン431.36以降がインストールされている必要があります。

※NVIDIA DLSSの利用時は解像度を一定以上に設定する必要があります。
 アスペクト比が16:9の場合は2560×1440以上、21:9では3360×1440以上でご利用いただけます。

※DLSSと互換性のあるNVIDIA GeForce RTXグラフィックスカード、サポートされている画面の解像度、または最新のNVIDIA Game Ready Driversについては、
 www.geforce.comをご覧ください。

■グラフィック設定を「最高」にした際に、プリセットとして設定される値を一部調整しました。
 アンチエイリアス:「TAA」→「TAA+FXAA」
 ダイナミックレンジ:「32bit」→「64bit」

【不具合の修正】
■一部の軽微な不具合を修正しました。

Steam版『モンスターハンター:ワールド』は5,990円で配信中。同アップデートに関する詳細はこちらからご確認ください。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  3. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  4. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  5. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  6. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  7. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

  8. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  9. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  10. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

アクセスランキングをもっと見る

page top