『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場

ベセスダ・ソフトワークスはQuakeCon 2019で行われたパネルにおいて、今後配信予定となっている『Fallout 76』の新コンテンツについて語りました。

PC Windows
『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場
  • 『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場
  • 『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場
  • 『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場
  • 『Fallout 76』今後配信予定のコンテンツ情報がQuakeCon 2019で公開―Vaultレイドは8月に登場

ベセスダ・ソフトワークスはQuakeCon 2019で行われたパネルにおいて、今後配信予定となっている『Fallout 76』の新コンテンツについて語りました。VaultレイドやNPC、プライベートサーバーなどに言及しています。


4プレイヤー向けにデザインされたVaultレイドはVault 94で行われ、パズルベースのゲームプレイが展開。報酬として“Potted Plant”と呼ばれる植物の張り付いた新パワーアーマーも登場し、全セットを獲得すると追加のボーナスが得られるそうです。いくつかの報酬はレイドの途中でドロップするため、失敗しても手ぶらで帰るということはありません。Vaultレイドは8月20日よりスタートします。


今秋配信予定のアップデート「Wastelanders」で登場するNPCについては、評判システムの追加によりプレイヤーのPerceptionやCharismaといったステータスだけでなく、派閥との関係によっても対話の選択が変化。『Fallout 4』よりも『Fallout 3』に近いシステムになるそうです。派閥は入植者とレイダー、2つの対立する派閥に加えて、モスマン崇拝カルトのようなサブ派閥も登場するとのこと。


そのほか、バトルロイヤルモード「ニュークリアウィンター」用の新マップ“Morgantown”は9月に登場予定。また、プライベートサーバーに関しては「思っているよりも早く来る」と伝えています。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  3. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  4. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  5. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  6. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  7. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

  8. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  9. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  10. 極寒人狼サバイバル『Project Winter』ロール追加アップデート配信!新機能も多数

アクセスランキングをもっと見る

page top