『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け

ロサンゼルスで行われた『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントでプレイ動画を撮ってきたぞ!

家庭用ゲーム PS4
『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け
  • 『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け
  • 『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け
  • 『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け
  • 『CoD: MW』マルチプレイお披露目イベントに参加!おなじみのモードから夜間戦闘、大規模ドミネ、ガンファイトの動画をお届け

アメリカはロサンゼルスにて行われた『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』のマルチプレイお披露目イベントに参加してきたGame*Spark編集部。現地にて収めてきたマルチプレイ動画をお届けします(全てPS4版でのプレイになります)。

ドミネーション



シリーズおなじみのモード。ゲームルール自体に大きな変化はありませんが、マルチプレイヤー全体の変化として、まずミニマップが常時確認できなくなりました。そのため、旗の位置等は画面中央上部のコンパスで通常は確認することになります。また、発砲した敵の大まかな方角もコンパスに赤いマークで表示されます(距離はマークの大小で判別)。ミニマップがない分、より徹底したクリアリングが求められる印象です。

なお、ミニマップは、キルストリーク報酬の「Personal Radar(3キル)」や「UAV(4キル)」を使うと表示されますが、時間には限りがあり、もちろん撃墜されることもあります。

ちなみに、動画中で展開している弾薬箱のようなガジェットは、「Munition Box」というもので、弾薬・グレネード類の補充&ランダムな武器を入手することができます。このガジェットは、キルストリークや各種装備類とは別の「Field Upgrade」というものに属し、画面右下のゲージを溜めることで使えるようになります。ゲージはキルや旗の奪取でより早く溜まります。「Field Upgrade」にはこの他にも「トロフィーシステム」や「戦術マーカー」などいくつかの種類があります。

大規模ドミネーション




本作では、通常よりも大規模なマップ、人数で戦うモードも用意されている模様。今回のイベントでは、10vs10でのドミネーションを体験することができました。大規模戦闘では、マップも専用の大きなものが用意されており、マップ内には2人乗りバギーもおいてあります。また、先日チラ見せされていた歩兵戦闘車は、この大規模マップを含む一部のマップでのみ呼ぶことができるようです。

ちなみに、動画の最初のほうで使っている武器は、カスタマイズで大口径化した「M4A1」。装弾数・発射レート・反動を犠牲にしてダメージを上げることができますが、フルオートだと制御がかなり難しくなります。

チームデスマッチ



こちらもおなじみのゲームモード。中東地域をモチーフとした「AZHIR CAVE」というマップでの戦闘です。前半はスナイパーライフル「AX-50」を近距離向けにカスタマイズしたものを、後半はマークスマンライフル「M14」のサプレッサー仕様を使っています。

チームデスマッチ(夜)



先述したマップ「AZHIR CAVE」では夜間の戦闘を行うこともあるようです。夜間戦闘の場合、ナイトビジョンが標準で装備されます。PS4の場合、十字キー下でナイトビジョンの着脱が可能ですが、なしだと本当に何も見えないくらいになっ暗闇です。ナイトビジョンをつけている間は、レーザーでの照準になりますが、レーザーの軌跡は敵にも見えてしまうため、注意が必要です。

そして、もっとも気をつけなければいけないのが「HUDの消失」。夜間戦闘では、ハードコアモードでなくともHUDが表示されなくなります。コンパス、残弾数、投げ物の残数、キルストの有無、ヒットマーカー等が確認できなくなるため、索敵とリソース管理の徹底が重要となってきます。

サイバーアタック



今作からの新しいゲームモード。サーチアンドデストロイに近いモードで、勝利条件は「マップ中央に置かれたEMP爆弾を回収し、敵陣のデータセンターに設置して停止させる」or「敵プレイヤーの全滅」になります。

サーチアンドデストロイとの大きな違いは、「攻守の区別がない」ことと、ラウンド中にデスした味方を「復活させられる」こと。そして、「爆弾設置後に全滅した場合も負けになる」ことの3点です。

ガンファイト




こちらはすでに公開されている2v2モード「Gunfight」のプレイ動画になります。少人数かつ小規模なマップで、ハイテンポなゲームプレイを楽しめます。「Gunfight」の場合、カスタムクラスは反映されず、お互い全く同じ武器・装備で戦うことになるので、純粋に腕前を競うことができます。与えられる武器はランダムのようなので、時にはランチャー同士の戦いになることもある模様。



『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』はPC/PS4/Xbox One向けに2019年10月25日発売予定です。


取材協力:ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アクティビジョン・ブリザード
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. AmazonがPS4版『CoD:MW』「GUNFIGHT」先行アルファテスト参加コードを無料配布!

    AmazonがPS4版『CoD:MW』「GUNFIGHT」先行アルファテスト参加コードを無料配布!

  2. 『Dead by Daylight』新キラーが持つ「ポータル」能力や新サバイバーのパークなどが判明!ブラッドウェブの仕様変更も

    『Dead by Daylight』新キラーが持つ「ポータル」能力や新サバイバーのパークなどが判明!ブラッドウェブの仕様変更も

  3. 『バトルフィールドV』5vs5モードがキャンセルに「品質向上と要望されたコンテンツの追加に重点を置く」

    『バトルフィールドV』5vs5モードがキャンセルに「品質向上と要望されたコンテンツの追加に重点を置く」

  4. PS4版『CoD:MW』2v2アルファテストが前倒しでプレイ可能にー予定時間に先駆け

  5. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』日本語字幕付きPvP開発映像!ベータテストは9月5日から

  6. PS4公式ライセンスのe-Sports仕様コントローラー、ヘッドセットなどが国内発売決定!

  7. 『ポケモン ソード・シールド』ガラル地方の町並みが映像で紹介!新たな通行手段「列車」も公開

  8. 『フォートナイト』議論呼んだ“B.R.U.T.E.”にバランス調整ー攻撃性能や素材回収に下方修正

  9. 『STAR WARS バトルフロント II』新ロードマップ公開!「スカイウォーカーの夜明け」関連コンテンツも登場

  10. PSVRで楽しむスタイリッシュサイバー剣戟!PS4『サイレントVR』体験会レポート

アクセスランキングをもっと見る

page top