世界最大のゲーム見本市「E3」参加者情報の流出を新たに確認―10年以上前にも2度 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界最大のゲーム見本市「E3」参加者情報の流出を新たに確認―10年以上前にも2度

世界最大のゲーム見本市「E3 2019」「E3 2004」「E3 2006」のイベント参加者情報が漏洩していたことが判明しました。

ニュース ゲーム業界
世界最大のゲーム見本市「E3」参加者情報の流出を新たに確認―10年以上前にも2度
  • 世界最大のゲーム見本市「E3」参加者情報の流出を新たに確認―10年以上前にも2度

世界最大のゲーム見本市「E3 2019」「E3 2004」「E3 2006」のイベント参加者情報が漏洩していたことが判明しました。

当初、「E3」の参加者情報が漏洩していたのは「E3 2019」のみとされ、イベント公式サイト上では、メディア関係者やコンテンツクリエーター、業界アナリストといったイベント参加者の個人情報(電話番号など)が誰でも閲覧できる状態になっていたことがわかっていました

しかし、今回さらにわかったのは、過去の「E3 2004」「E3 2006」参加メディア関係者の情報についても、第三者運営のインターネットアーカイブサイトからアクセス可能な状態になっていたこと。あわせて3回開催分の個人情報が漏洩していたことになります。現時点では「E3 2019」分の参加者情報は既に削除済み、「E3 2004」「E3 2006」分の参加者情報に関しても削除作業が現在進行中ということです。

最新ゲームソフトやハードウェア、サービスの発表など、極めて高い秘匿性が求められるゲーム見本市ですが、「E3」が再び信頼を得るのにはしばらく時間がかかるかもしれません。

なお、エンターテインメントソフトウェア協会 (ESA)は登録したメディア関係者らにメールを送付しており、再発防止の措置を講じたことを含め謝罪を行っています。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

    かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

  2. 米メディアが大量殺人が引き起こされる原因を“暴力的なゲーム”と誘導?繰り返される議論とスケープゴートになるビデオゲーム

    米メディアが大量殺人が引き起こされる原因を“暴力的なゲーム”と誘導?繰り返される議論とスケープゴートになるビデオゲーム

  3. ジャンル不明の新作も飛び出した!森林精霊サバイバルやチャンバラACTなど期待作ザクザクな「505 Games Showcase Spring 2022」ひとまとめ

    ジャンル不明の新作も飛び出した!森林精霊サバイバルやチャンバラACTなど期待作ザクザクな「505 Games Showcase Spring 2022」ひとまとめ

  4. 原告が訴訟取り下げ…香川ゲーム条例裁判は16日に結審済み、8月に判決へ

  5. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  6. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  7. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  8. ゲームデザインの学士号がNYの公立大で誕生!今後3年間で1,000人以上の学生に約2億6,000万円を投資する予定

  9. 選手の靴下までカスタマイズできるアメフトゲーム正式リリース―採れたて!本日のSteam注目ゲーム3選【2022年5月17日】

  10. 『サンブレイク』以外にも新大型タイトル投入予定―カプコンが3月期の通期決算発表、9年連続で最高営業利益を更新

アクセスランキングをもっと見る

page top