ソニー、マイクロソフト、任天堂によるルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みが発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー、マイクロソフト、任天堂によるルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みが発表

ESAは、ソニー、マイクロソフト、任天堂のコンソールプラットフォーマーがルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みを開始したと発表しました。主要パブリッシャーも同意しており、2020年には実施する目標だということです。

ニュース ゲーム業界
ソニー、マイクロソフト、任天堂によるルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みが発表
  • ソニー、マイクロソフト、任天堂によるルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みが発表
  • ソニー、マイクロソフト、任天堂によるルートボックスの排出率開示に関する新たな取り組みが発表
米国のコンピューターゲーム業界団体Entertainment Software Association(ESA)は、ソニー、マイクロソフト、任天堂、主要コンソールメーカーが、ルートボックスの排出率開示に関する新たなプラットフォームポリシーに取り組んでいることを発表しました。

このポリシーでは自社のプラットフォーム用に開発されたゲームでの有料ルートボックスの排出率を開示することが求められ、アップデートで新たなルートボックス機能が追加される場合にも適用されるとのこと。この開示義務が適用される正確な時期は検討中としながらも、2020年の実施を目標としています。

なお、ESAに加盟する一部のパブリッシャーは既に開示を行っており、そのほかの主要パブリッシャーも2020年末までに開示を行うことに同意しているとのこと。その中にはActivision Blizzard、バンダイナムコエンターテインメント、ベセスダ、Bungie、エレクトロニック・アーツ、マイクロソフト、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、テイクツー・インタラクティブ、ユービーアイソフト、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメント、Wizards of the Coastが含まれており、その他多くのESA会員も同様に開示を検討しているということです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

    コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  2. 4月1日より「株式会社セガ」始動! “エガ”ちゃんからの告知映像が公開

    4月1日より「株式会社セガ」始動! “エガ”ちゃんからの告知映像が公開

  3. 世界最大のビデオゲーム販売会社GameStop、2020年内に320以上の店舗を閉店予定

    世界最大のビデオゲーム販売会社GameStop、2020年内に320以上の店舗を閉店予定

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  6. 『あつまれ どうぶつの森』DIYレシピはどうやって手に入れるの? 初心者は要チェックな9つの方法

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. スイッチ版『パンツァードラグーン:リメイク』ついに4月2日に発売!【UPDATE】

  9. コジマプロダクションが新プロジェクトの発表を示唆?『サイレントヒル』関連を予想する声も

  10. ソニーの野球ゲームシリーズ『MLB The Show』がPS以外のプラットフォームでも展開へ―任天堂やMSも反応

アクセスランキングをもっと見る

page top