宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

Frontier Developmentsは、宇宙フライトシミュレーション『Elite Dangerous』に2019年12月の実装が予定されている「Fleet Carrier」について紹介するトレイラーを公開しました。

ニュース 発表
宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など
  • 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など
  • 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など
  • 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など
  • 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など
  • 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

Frontier Developmentsは、宇宙フライトシミュレーション『Elite Dangerous』に2019年12月の実装が予定されている「Fleet Carrier」について紹介するトレイラーを公開しました。

「Fleet Carrier」は2019年7月にトレイラーが公開されていた巨大な艦隊空母。この度公開された映像では、その詳細な仕様が明かされており、個人所有できること、目的に応じて複数のロードアウトが選択できること、最大16隻の搭載が可能であること、またプレイヤーが指示を出せることが映像中で示されています。

公式フォーラム(英語)ではさらに詳細な情報も公開。購入には高額のゲーム内通貨が必要となることや、プレイヤーあたり1隻の保有となること、選択可能な8種のロードアウトの名称や、ジャンプさせるためには独自の資源が必要となることなども説明されています。





『Elite Dangerous』は日本語には未対応で、PC向けにSteamにて3,520円(2019年8月31日まで1,056円)で配信中。海外ではPS4/Xbox One向けにも配信されています。「Fleet Carrier」は12月のアップデートで実装される予定です。
《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファークライ6』『レインボーシックス クアランティン』は2021年9月までにリリース予定、海戦ACT『スカル アンド ボーンズ』は4年連続の延期に

    『ファークライ6』『レインボーシックス クアランティン』は2021年9月までにリリース予定、海戦ACT『スカル アンド ボーンズ』は4年連続の延期に

  2. 新作『バトルフィールド』は現世代機向けにも発売される―6月にさらなる続報を公開予定

    新作『バトルフィールド』は現世代機向けにも発売される―6月にさらなる続報を公開予定

  3. 『SUPERHOT』『バイオショック リマスター』『Undertale』など数々の名作が手に入るチャリティーバンドル「Humble Heal: COVID-19 Bundle」販売開始!

    『SUPERHOT』『バイオショック リマスター』『Undertale』など数々の名作が手に入るチャリティーバンドル「Humble Heal: COVID-19 Bundle」販売開始!

  4. 『ヴァルハラ』の“記録的なパフォーマンス”により『アサクリ』シリーズ総収益が飛躍的に増加―「予想を大幅に上回る業績のおかげで、記録的な年を達成」

  5. ユービーアイソフトは今後「ハイエンドな無料プレイゲーム」を提供していくべき―決算説明会にて最高財務責任者が提言

  6. 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』開発元が新作タイトルの開発を発表―505 Gamesとのパートナーシップを結んだPC/コンソール向け作品

  7. Valve作品がコンソール向けでリリースされるかも?ゲイブ・ニューウェル氏が驚きの可能性を示唆

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『イース』シリーズ次回作に向けて開発チームは動き始めている―日本ファルコム・近藤社長が明らかに!

  10. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top