高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む

オーイズミ・アミュージオは、Toadman Interactiveが手掛けたアクションRPG『イモータル:アンチェインド』の国内向けPS4版を発売しました。

家庭用ゲーム PS4
高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む
  • 高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む
  • 高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む
  • 高難度ARPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が発売―生きた兵器として困難に繰り返し挑む

オーイズミ・アミュージオは、Toadman Interactiveが手掛けたアクションRPG『イモータル:アンチェインド(Immortal: Unchained)』の国内向けPS4版を発売しました。

本作は海外PS4/Xbox One/PC向けに2018年9月に発売された、三人称視点の高難度アクションRPG。プレイヤーは生きた兵器として封印されていた主人公を操作し、複数に分かれた広大なマップを探索していきます。攻撃方法は近接武器だけではなく銃も多彩に存在し、より良い装備品を探していくことも重要となっています。




なおGame*Sparkでは、本作に6時間かけて挑戦したプレイレポートも掲載しています。

『イモータル:アンチェインド』はPS4向けに6,400円で発売中。なお海外でもPS4/Xbox One/PC(Steam)向けに配信中です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』各種不具合を修正する「アップデートVer.10.12」配信開始―「導きの地」における意図的な通信切断への対策検討も発表

    『モンハン:アイスボーン』各種不具合を修正する「アップデートVer.10.12」配信開始―「導きの地」における意図的な通信切断への対策検討も発表

  2. 「PlayStation Now」サービス内容が変更、10月にCERO Zタイトルに対応し再始動

    「PlayStation Now」サービス内容が変更、10月にCERO Zタイトルに対応し再始動

  3. 国内版『DOOM Eternal』ゲーム内の表現は北米版と差異なし!CERO Zで発売

    国内版『DOOM Eternal』ゲーム内の表現は北米版と差異なし!CERO Zで発売

  4. 「自分だけのアベンジャーズ体験」に期待!『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』ハンズオン&プレゼンレポート【TGS2019】

  5. オープンワールドARPG『原神』日本語版の映像が公開―プレイ映像や登場するキャラクターの担当声優も

  6. 『オーバーウォッチ』「LEGO」コラボイベント「バスティオンのブロック・チャレンジ」が開催!

  7. 『Dead by Daylight』新キラーが持つ「ポータル」能力や新サバイバーのパークなどが判明!ブラッドウェブの仕様変更も

  8. 『CoD:MW』日本時間18日にクロスプレイ機能を紹介するライブストリーミングを実施

  9. 美少女ACT『日之丸子』ティザートレイラー公開!滅亡寸前の大日本帝国を舞台に、軍の切り札「日之丸子」が動き出す

  10. 『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンに関する続報発表―紹介ページの復旧は9月18日22時頃に!

アクセスランキングをもっと見る

page top