Crytekが自社製エンジン「CRYENGINE」最新版のトレイラーで『Crysis』のリマスターを示唆か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytekが自社製エンジン「CRYENGINE」最新版のトレイラーで『Crysis』のリマスターを示唆か

デベロッパーCrytekは同社が開発するゲームエンジン「CRYENGINE」の最新版である“5.6”のトレイラーを公開。先日正式リリースされた『Hunt: Showdown』でも使用されている様々な機能を披露していますが…。

ゲーム機 技術
Crytekが自社製エンジン「CRYENGINE」最新版のトレイラーで『Crysis』のリマスターを示唆か
  • Crytekが自社製エンジン「CRYENGINE」最新版のトレイラーで『Crysis』のリマスターを示唆か

デベロッパーCrytekは同社が開発するゲームエンジン「CRYENGINE」の最新版である“5.6”のトレイラーを公開しました。

先日正式リリースされた『Hunt: Showdown』でも使用されている様々な機能を披露していますが、2分15秒付近で「CRYENGINEの美しさを活用する」と紹介されているジャングルのシーンが2007年に発売されたFPS『Crysis』を彷彿させるものとなっており(ちなみに最後のロゴの音声もNANOスーツの音声風)、Crytekが同作のリマスターあるいは新作を計画しているのではないかと囁かれています。


『Crysis』のプレイ映像(似ているシーンは0:59あたり)

もちろんCrytekからの正式発表が無い現時点ではあくまでも噂・想像のレベルでしかないものの、当時のPCでは最高設定で動かすのは不可能とも言われた本作だけに、リマスターされたら一体どうなってしまうのだろうと思う方もいるのではないでしょうか。淡い期待を抱きつつ今後の展開を見守りましょう。

『Crysis』トレイラー
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. CD対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」2021年9月12日に発売決定

    CD対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」2021年9月12日に発売決定

  2. レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の出荷が10月まで延期―世界的な部品不足と物流問題により

    レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の出荷が10月まで延期―世界的な部品不足と物流問題により

  3. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」は年内出荷も危うい状態…代理店も“状況が好転するのを期待するしかない”

    レトロゲーム互換機「POLYMEGA」は年内出荷も危うい状態…代理店も“状況が好転するのを期待するしかない”

  4. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」8月2日に新出荷日情報を発表【UPDATE】

  5. ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」プロジェクトが続行不可能に―新型コロナの影響やバッテリーの問題などが原因

  6. クランク付き携帯ゲーム機「Playdate」2021年出荷分が即完売―サーバーダウンで受け付けられなかった注文も

  7. クランク付き新携帯ゲーム機「Playdate」予約開始日決定! 出荷時点で日本語は含まれず

  8. 「ゲームギア」が突如トレンド入り!最新ゲーム機「Steam Deck」に似ていると話題を集める

  9. 予約開始即完売のレトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の更なる製造と転売対策が発表【UPDATE】

  10. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内発売日は未定―代理店は公式から返答得られず

アクセスランキングをもっと見る

page top