ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】

以前当コーナーでも紹介したダークファンタジーJRPGの完全版がついに登場!今回はパブリッシャーの方にお話を聞きました。

連載・特集 特集
ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】
  • ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】
  • ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】
  • ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】
  • ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】
  • ダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』「ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Black Tower Entertainment販売、goonswarm開発、PC/Mac/Linux向けに9月6日リリースされたダークファンタジーJRPG『Sin Slayers』関係者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ローグライク風のダークファンタジーJRPG。以前にも当コーナーで紹介した『Sin Slayers: The First Sin』の完全版となり、より多くのロケーション、より多くのヒーローが登場します。記事執筆時点では日本語未対応。

『Sin Slayers』は1,490円で配信中

(今回はパブリッシャーの方にお答えいただきました。)





――まずは自己紹介をお願いします。

Artemこんにちは、パブリッシャーのBlack TowerでCEOをしているArtemです。ダークファンタジーを舞台としたJRPGである本作をリリースしました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Artem最初のアイデアとプロトタイプは2016年に生まれました。パートナーであるgoonswarm(開発スタジオ)はたくさんのイベントに足を運び、資金集めを行いました。Black Towerが開発スタジオに会ったのは2018年のDevGAMM Minsk(注:東ヨーロッパ最大のゲーム開発者向けイベント)で、私たちは本作完成のために資金を出すこととなったのです。

――本作の特徴を教えてください。

Artem本作は、昔の最高のJRPGで使われていた、古典的なターン制戦闘システムを採用しています。プレイヤーの選択次第でパーティーの罪深さが上下し、難度を簡単にしたり難しくしたりします。すべてのロケーションはランダム生成されるので、素晴らしいリプレイ性も備えていますよ。

――『Sin Slayers: The First Sin』との違いを教えてください。

Artem本作は完全版であり、7つのロケーションに10のヒーローが登場します。『The First Sin』では1つのロケーションと5のヒーローだけでした。ロケーションとヒーローは今後もアップデートで追加していく予定です。

――本作が影響を受けた作品はいますか?

Artem本作は『DARK SOULS』『バトル・チェイサーズ:ナイト・ウォー』「ベルセルク」から影響を受けています。私たちはダークファンタジーが本当に大好きなので、同じようなものを作ろうと思いました。ゲームプレイは昔の『ファイナルファンタジー』作品から影響を受けています。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Artemもちろんです。可能な限り多くの言語に対応させようと思っており、その中でも日本語は最優先言語です。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Artem私たちが開発を楽しんだのと同じぐらい、皆さんが本作を楽しんでいただけると嬉しいです。できる限り90年代の素晴らしい古典的JRPGのようなRPGを作ろうと試みました。上手くいったかどうか、教えてくださいね!

――ありがとうございました。


《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top