『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?

フライトシューティングゲーム『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』のDLCミッション第4弾から第6弾までの新情報を公開。果たしてトリガーは何をさせられるのだろうか?

メディア DLC
『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?
  • 『エースコンバット7』DLCミッション新情報!原潜アリコーンや謎のSu-47の存在とは?

バンダイナムコエンターテインメントは、フライトシューティングゲーム『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』の追加ダウンロードコンテンツミッションとなるDLC第4弾から第6弾までの新情報を公開しました。

ミッションDLCに関しては、2月に公開されたシーズンパスティザー映像以降は目立った情報は伝えられていませんでした。今回の新情報では、DLC第4弾に登場する原子力潜水艦「アリコーン」に焦点が当てられています。



DLC4 SP MISSION:1は、ストレンジリアルの2019年9月4日に行われる「サイトハウンド作戦」。アリコーンを鹵獲する作戦で、エルジア軍有人機との大規模空戦が繰り広げられます。敵味方の電子戦機が登場し、ミサイル性能に影響を与えることもあるようです。


2月に公開されたシーズンパスティザーのディスプレイに貼られた赤いポストイットには「Alicorn(アリコーン)」と書かれており、チャットで会話するディスプレイ前の人物との関連性が多くのファンの間で考察されていました。


また、8月29日に公開された映像では、ストレンジリアルの2018年11月以降姿を見せない潜水艦の艦長について触れられていました。原潜「アリコーン」との関係性も合わせて、映像で見られる情報から様々な考察(ユークトバニア首相発言による戦端を開いたエルジアへの理解、エルジアが民間会社を通じスクラップとしてシンファクシ級潜水艦を購入するなど)が進められていました。我々が思う以上に、この第二次大陸戦争のバックボーンは複雑なのかもしれません。


果たしてトリガーが所属するロングレンジ部隊はファーバンティ攻略までの間に何をさせられていたのでしょうか。今回公開された情報は以下の通りです。

■DLC4 SP MISSION:1について
原子力潜水艦アリコーンを鹵獲するため、エルジア有人戦闘機との大規模空戦を攻略せ よ。 DLC4で新登場となる電子戦機の活用が攻略のカギ。

■味方電子戦機
・ESM (Electronic support measure)
・レーダーマップに青色で表示される味方電子戦機のESMエリアに入ると、ロックオン性能、 ミサイル性能が飛躍的に向上する。 通常よりもミサイルを敵に当てやすくなり、特殊兵装も同様にESMの効果は得られる。 4AAM、6AAM、8AAMといった多弾ミサイルを全弾命中させて全機撃墜のチャンスも。 ESMを活用して次々と敵機を撃墜しよう。

■敵電子戦機
・ECM(Electronic counter measure)
・レーダーマップに緑色で表示される敵電子戦機のECMエリアに入ると、ロックオン性能が大幅に下がる。 数多くの敵戦闘機との空戦において不利な状況となる。
・敵戦闘機部隊に紛れているEA-18G:Growlerを見つけて、いち早く撃墜させることで、 戦況を有利にすることができる。

加えて、DLCのSPミッションは本編キャンペーンにない新機能や新しい遊びが実装されており第4弾から第6弾まで一繋ぎの新たなストーリーとなるという。これらのミッションDLCは1ヶ月ごとに配信予定。詳細についてのトレイラーを9月18日に公開予定ということで新情報公開に目が離せません。

■DLC4,5,6 SP MISSIONSについて
本編のキャンペーンにはない新機能、新しい遊びが、 各DLCに実装されている。DLC4,5,6は一繋ぎの 新たなストーリーとなり、本編では語られていないある期 間で行われたミッション群となる。 キャンペーンと同等レベルのコンテンツ、クオリティで制 作された、バリューの高いコンテンツを、1か月ごとにDLC として配信していく。詳細については18日公開のトレイラーで発表予定。

加えて、公開されたスクリーンショット各種を見てみるとオーシア空軍のラウンデルが書かれた縞模様のSu-47が2機写されているものや、「Ground Zero」と書かれた核を示唆する円図形、中性子爆弾弾頭(Neutron Bomb Warhead)、アーセナルバードのようにバリアを展開する航空機、アリコーンから発艦する戦闘機、David NorthというOsean Intelligence Agency(OIA、オーシア情報局)に所属する人物など謎が謎を呼びます。








『エースコンバット7』DLC第4弾から第6弾までは「ADF-01F ファルケン」など機体DLCも同梱したシーズンパスに収録。シーズンパスの価格は2,500円(税別)です。

※ UPDATE(2019/9/14 0:30):ブランドディレクター河野一聡氏より、「敵戦闘機部隊に紛れているF/A-18G:Growlersを見つけて~」→「敵戦闘機部隊に紛れているEA-18G:Growlerを見つけて~」と修正内容が告知されたため記事内容も修正しました。
《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. Unityで作られた短編映画『ADAM』最新エピソード公開!―ニール・ブロムカンプ監督作品

    Unityで作られた短編映画『ADAM』最新エピソード公開!―ニール・ブロムカンプ監督作品

  2. 海外レビューハイスコア『新・光神話 パルテナの鏡』

    海外レビューハイスコア『新・光神話 パルテナの鏡』

  3. SF深海ホラー『SOMA』本編以前の物語を描く実写映像―ここでなにが起きたのか

    SF深海ホラー『SOMA』本編以前の物語を描く実写映像―ここでなにが起きたのか

  4. 触手クリーチャーアクション『CARRION』ゲームプレイ映像!【gamescom 2019】

  5. 声に耳を傾けろ…『Apex Legends』「ヴォイドウォーカー」イベントトレイラー

  6. 戦術が鍵を握る『Dragon Age: Inquisition』アクションや戦闘要素を解説する新トレイラー

  7. 新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

  8. 3D Realmsの新作アクションRPG『Bombshell』最新トレイラー、フィニッシュムーブを披露

  9. PS4『God of War III Remastered』1080p/60fps対応ゲームプレイ映像!

  10. ハイドラゴンとの戦闘も!『Dragon Age: Inquisition』の16分以上に及ぶE3デモゲームプレイ映像

アクセスランキングをもっと見る

page top