『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

Remedy Entertainmentの『CONTROL』。Epic Gamesストア時限専売の巨額の契約金と見られる資料が明らかに。

ニュース ゲーム業界
『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに
  • 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに
  • 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに
  • 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに
PC版がEpic Gamesストア時限専売として発売されたRemedy EntertainmentのアクションADV『CONTROL』。同作とEpic Gamesの契約金に相当する金額が、パブリッシャー505 Gamesの親会社であるDigital Brosの決算資料上で明らかになりました。

これは、同決算資料において、(資料時点ではまだ未発売である)『CONTROL』によって得られた収益と、Epic Gamesより得られた収益がいずれも同額の949万ユーロ(約11億円)であったことから明らかになったもの。同期間の同社の他タイトルすべてのSteamでの収益合計をわずかに上回るほどの金額となっています。


(上)タイトル別の売上、(下)プラットフォーム別の売上。いずれも単位は1000ユーロで、『CONTROL』の売上は発売前で949万ユーロ(日本円で約11億円程度)あったことが分かる。他のプラットフォームと比較するとその大きさも分かりやすい。

再び巨額の契約金の存在が見え隠れすることになったEpic Gamesストアの時限専売。同社のヒット作である『フォートナイト』の収益などを背景に、今後も他機種人気タイトルや、発売前注目タイトルを中心とした独占戦略を推し進めることになるのでしょうか。

なお、Epic Gamesストアは業界最大手Steamの手数料が30%であることを強く批判していますが、記事執筆時点では時限専売契約(及びそれに伴う契約金)を伴わない新作ゲームの販売については、例外的にしか行われていません
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  2. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

    『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  5. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  6. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  7. 「モンスターハンターフェスタ'19-'20」物販や来場者特典の追加情報を公開!ゲームの狩猟生活に役立つアイテムもプレゼント

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 西遊記アクションADV『MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック』PS4/PC向けにリリース―中国大ヒット映画のゲーム化

  10. 『Fallout 76』のフォトモードで有名なアルバムジャケットを再現するプレイヤー達が現る

アクセスランキングをもっと見る

1
page top